就職活動

病院薬剤師が語る!薬剤師が病院で働くメリットはあるの?

f:id:chacatechin:20190206195829p:plain
どーも、病院薬剤師のひゃくさんです!

これから就職活動をする薬学部生や、調剤薬局やドラッグストアに就職しけどやっぱり病院で働きたいと思っている薬剤師の方は果たして病院薬剤師として働くメリットはあるのかとても気になりますよね。

最初に結論を言いますが、病院薬剤師の身からすると薬剤師として病院で働くメリットは大いにあると言えるでしょう。ではそれはどんなメリットなのか。今回は病院薬剤師として働くメリットをまとめていきたいと思います。

病院で働くメリット

病院薬剤師として働くメリットを述べるにあたり、やはり調剤薬局との違いを見ていくと分かりやすいと思います。もちろん調剤薬局には病院薬剤師とはまた違ったメリットはたくさんあると思いますが、今回は調剤薬局と比較して調剤薬局にはない病院薬剤師ならではのメリットをまとめていきます。

カルテを見ることができる

調剤薬局との大きな違いとして病院ではカルテを見ることができるというものが挙げられるでしょう。調剤薬局では、患者さんとの会話などからどのような病態なのか、腎機能は悪くないのかをくみ取らないといけません。もちろんこれらの情報をどう引き出すか、そこに薬剤師としてのやりがいを感じることもあると思います。しかし病院で働くと、これらの情報はカルテで確認することができます。

ーカルテで確認できることー

  • 主訴
  • 既往歴
  • 現病歴
  • 検査値
  • 過去の処方
  • その他

このようなカルテの情報を得ることができれば、より深く薬剤管理もできるでしょう。例えば腎機能の検査値(CcrやScrなど)が分かれば腎機能による用量調節も添付文書通りにしっかり調節できます。腎機能だけではなく、肝機能、血球数、電解質、さらには腫瘍マーカーまで網羅することができます。これらの情報があれば、薬剤師としてより患者さんの治療へと介入することができると言えるでしょう。

多くの診療科&症例に触れることができる

病院の種類にもよりますが総合病院などには多くの診療科があるため多くの幅広い薬剤の知識が必要となってきます。ですが、門前薬局になるとその前にある病院の科によって関わる薬剤が限られてしまうことも多いようです。

また、調剤薬局では扱わないような病気や重症患者への介入も病院薬剤師は行っています。そのため薬剤師としてより幅広い知識、さらには調剤薬局では体験できない多くの経験をすることができます。

チーム医療での薬のスペシャリスト

病院には薬剤師だけでなく、医師、看護師、理学療法士、栄養士など様々な職種の人が働いており、それぞれが協力してチーム医療を形成しています。薬剤師はチーム医療の中で、薬のスペシャリストとして多くの場面で頼りにされることになります。中には厄介な相談もありますが・・・w

疑義照会の場面だけでなく、普段の業務の中で医師や看護師と情報を共有したり相談できる病院というのは薬剤師としての力を存分に発揮できる場と言えるのでないでしょうか。また、調剤薬局ではできない回診やカンファへの参加、緩和ケアチームやNSTなどにも介入していけるのでより多くの経験が積める場ともいえるでしょう。

注射薬への関与

病院で働くと調剤薬局では扱わない注射薬も扱うこととなります。病院薬剤師はそれぞれの注射薬の特徴を把握し、注射処方箋から用法用量、投与速度、配合変化、投与ルートなど様々な観点から薬学的介入をすることができます

また薬剤師は注射薬の調整も行います。OSCEの際学んだアンプルカットやバイアル内での溶解などのスキルもしっかり活かすこともできます。大学の時に学んだ配合変化や投与速度などの知識を使わずに過ごすよりも、それを一つのスキルとして薬剤師業務を行うことでより薬剤師として働くやりがいを感じるのではないでしょうか。

化学療法や分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などによる治療

病院薬剤師の業務の特徴として化学療法や分子標的薬による治療もあげられるでしょう。化学療法や分子標的薬はまた違った知識と技術が必要になってきます。さらに最近ではオプジーボやキートルーダなどの免疫チェックポイント阻害薬の勢いもすさまじく、病院で働くことによってそれらの薬に間近に関わることができます。また抗がん剤は副作用が起こることが多く、それらは薬剤投与によって防ぐことができたり、軽減できたりもします。そのように薬剤師が関与できるポイントはたくさんあるのです。

今後もさらに新しい薬の登場や、既存薬の適応拡大、ガイドライン改定によるレジメンの変更なども予想され、より一層薬剤師として介入できるポイントが増えていくのではないかと考えています。

救急救命や急性期治療

調剤薬局は慢性期の患者さんに関わることが多いと思いますが、病院(主に急性期病院)で働くと救急救命や急性期の治療に関わることもあります。病院薬剤師の仕事を描いているマンガ「アンサングシンデレラ」にも薬剤師が救急救命に関わるシーンが描かれていますね。

f:id:chacatechin:20190205221945p:plain

荒井ママレ著「アンサングシンデレラ」より引用

救急救命に関わらない病院でも、その後の急性期の患者さんに関わるところは多いと思います。脳梗塞後の治療には薬物治療が重要となってきますので薬剤師の出番ですね。検査値や患者さんの様子、持参薬などの確認も行いながら、副作用モニタリングや今後の治療方針など様々な方向から薬剤師として介入できます。

その他

これまで述べてきたもの以外にも病院薬剤師としての仕事はDI業務や治験など多岐にわたります。さらに専門薬剤師や認定薬剤師になればさらに活動の幅を広げることができるでしょう。

スポンサーリンク

でも給料安くて残業多いんでしょ?

今まで病院で働くことのメリットをお伝えしてきました。しかしネットの口コミや先輩の話では病院で働くことのデメリットも多くあります。その中でも多いのが調剤薬局と比べ給料が安いことと残業が多いということ。

確かに調剤薬局より給料は安いかもしれませんが、病院は福利厚生がいいところもたくさんあります。単純にもらえる給料だけで判断するのではなく総合的に判断していきましょう。それに、給料だけでは評価できないやりがいというものがあります。ずっと働く上でやりがいというものは非常に大事になってきます。病院で働くと、そのやりがいをスゴく感じることでしょう。

残業が多いという病院もあるかもしれませんが、全ての病院がそういうわけではありません。しっかり事前にリサーチしておくことで残業が少ない病院を選ぶことも可能です。実際に僕が働いている病院では残業はほとんどありませんので、病院=残業多いというイメージは間違ったものであると言っていいでしょう。

ただし、残業ばかりある病院があることも確かなので病院を選ぶときは募集要項だけではなく実際に病院を見学をしたり、求人サイトを用いた下調べも必要です。

病院薬剤師を希望している人ににオススメの求人サイトを下記にまとめています。就職活動として薬学部生が登録することもできるので参考にしてみてください。

 

↓登録はこちらから↓

薬キャリ

 

↓登録はこちらから↓

ファルマスタッフ

 

病院薬剤師のメリットはスキルアップ+やりがい

現在薬学部生や薬剤師の方がこの道を選んだ理由の一つに、きっと医療人として何かに貢献したいという思いがあったんじゃないかと思います。病院で働くことでこれまで述べたように様々な場面で薬剤師として活躍することができるはずです。病院という場所は調剤薬局以上に医療従事者という実感があると思いますし、様々なスタッフや患者さんと関わることで薬剤師としてのスキルアップも見込めると思います。

僕が病院薬剤師を選んだ理由も、それは単にお金がどうこうという話でもなく(いや、お金は大事かw)、薬剤師としてスキルアップできるか働く上でその仕事にやりがいを感じることができるかという事を考えた結果でしたね。

現在連載中のマンガ「アンサングシンデレラ」では病院薬剤師の仕事が細かく描かれています。この漫画を読むことで病院薬剤師の仕事内容や、改めて薬剤師としてのやりがいというものを感じることができるので、ぜひみなさんも読んでみてください。

まだまだ駆け出しの病院薬剤師ですが、現場で感じたこと、学んだことをいろんな形で皆さんにお伝え出来たらなと思います。このブログだけでなくTwitterもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです。気軽に絡んでやってくださいw

www.103yakyaku.com

www.103yakyaku.com

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。
薬剤師国家試験まとめ


薬剤師国家試験の受験資格、合格率、出題科目、勉強法を徹底解説したパーフェクトガイドを用意しました。

これまで勉強してこなかった人にも、薬剤師国家試験を知らない人にもわかりやすく、薬剤師国家試験について図を多めにまとめています。

パーフェクトガイドはこちら≫

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です