第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験は難しかった?各予備校総評まとめ

f:id:chacatechin:20190321162303j:plain

第104回薬剤師国家試験も終わり、薬ゼミやメディセレなどの各予備校は国家試験直後にどのような難易度でどのような傾向だったのかを総評として公開しています。その総評をまとめると、第104回薬剤師国家試験の難易度は中等~やや難であったが第103回薬剤師国家試験よりやや優しい問題が多く、正答率が高い問題を確実に取れたかどうかが合否の決め手になる試験だったということでした。

今回は薬剤師国家試験対策予備校の中から薬学ゼミナール、メディセレが公開している第104回薬剤師国家試験総評をまとめていきたいと思います。


 

薬学ゼミナール第104回薬剤師国家試験総評

薬学ゼミナールはこちらにて総評を公開しています。

総評

第 103回国試は、科目により差はあるが、全体としての難易度は中等~やや難であった。103回と比較するとやや易しい問題が多かった。全体として、必須問題は「平易~やや平易」、理論問題は「やや難」、実践問題は「中等~やや難」であった。近年増加している実際の症例に基づいた問題は継続出 題されていた。また、病院・薬局の外でも薬剤師としての職能を発揮すべき災害時医療のシチュエーシ ョンも出題され、より「問題解決能力」、「医療現場での実践力」を必要とする問題が出題されていた。 実験考察問題、図表を用いて読解する問題も継続出題されており、「考える力」が求められている。また、106 回から適用される「新出題基準」や「改訂コアカリ」を意識した科目の壁を超えた連問など 「総合的な力」や「考える力」が必要な問題は継続して出題された。また、実務実習で体験して欲しい 「代表的な 8 疾患」の問題は 103 回より多く出題され、臨床能力を問う問題が増加していた。既出 問題の再出題も若干あったが、暗記ではなく応用力を必要とするアレンジも多かった。しかし、「必須問題」は得点しやすい基礎的な事項の出題が多いため、足切りにかかる学生は少ないと予想される。 *薬ゼミ自己採点システム 2月 25 日付データより 10,371 名の入力情報をもとに作成 

 

各科目総評

物理

  • 必須問題「やや平易
  • 理論問題「やや難
  • 実践問題(物理:「」、実務:「やや平易」)

化学

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「
  • 実践問題(化学:「やや難」、実務:「平易」)

生物

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「やや難
  • 実践問題(生物:「やや平易」、実践:「中等」)

衛生

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「やや平易
  • 実践問題(衛生:「中等」、実務:「中等」)

薬理

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「中等
  • 実践問題(薬理:「やや平易」、実務:「中等」)

薬剤

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「
  • 実践問題(薬剤:「やや難」、実務:「やや平易」)

治療

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「やや難
  • 実践問題(病態・治療:「中等」、実務:「中等」)

法規・制度

  • 必須問題「平易
  • 理論問題「中等
  • 実践問題(法規:「やや平易」、実務:「やや平易」)

実務

  • 必須問題「平易
  • 実践問題(実務の単問)「中等
スポンサーリンク

メディセレ第104回薬剤師国家試験総評

メディセレはこちらにて総評を公開しています。

総評

全体分析と今後の展望(対策)

1)必須問題

過去問の再出題が 2 題もあるように、基本的には過去問をベースにした平易な問題であったと思われる。ただ、問い方を少し変えることで難易度を上げるような工夫がされてあるのも近年の国家試験の特徴である。

2)一般問題

理論問題は難解であり、実践問題は比較的得点しやすいという 102 回以前の傾向であった。例年通り物化生の理論 問題の難易度は高かったが、薬理、法規に関しては例年通り比較的得点しやすい傾向がみられる。今後も科目による難易度の高低が継続されると予想される。

3)その他

理論問題①問137~140で物化生衛生の4連問、理論問題②で薬理治療の連問が3セットと科目の繋がりを感じさせる問題が多かったのが特徴である。

各科目総評

【難易度】★:低、★★:中、★★★:高

物理

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★★★
  • 実践問題:★★☆

化学

  • 必須問題:★★☆
  • 理論問題:★★★
  • 実践問題:★★☆

生物

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★★★
  • 実践問題:★★☆

衛生

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★★☆
  • 実践問題:★★☆

薬理

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★★☆
  • 実践問題:★★☆

薬剤

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★★★
  • 実践問題:★★☆

治療

  • 必須問題:★★☆
  • 理論問題:★★★
  • 実践問題:★★☆

法規・制度

  • 必須問題:★☆☆
  • 理論問題:★☆☆
  • 実践問題:★★☆

実務

  • 必須問題:★★☆
  • 実践問題:★★★

 

正答率60%以上の問題が増えた

メディセレの総評動画によると第104回薬剤師国家試験では正答率60%以上の問題が250問もあり、いかにこれらの問題を取れるかがポイントだとまとめています。過去3回分の正答率60%以上の問題数は以下の通りです。

  • 第102回:237問
  • 第103回:220問
  • 第104回:250問

過去3回分を見てもその数はかなり多くなっていることが分かります。今後もこのような傾向になっていくのであれば、みんなが解ける問題をいかに落とさないか、そういう勉強法が重要になってくるのではないかと思います。

8つの代表的疾患の出題が増えた

薬ゼミの総評動画によると、がん高血圧糖尿病心疾患脳血管障害精神神経系疾患免疫アレルギー疾患感染症の8つの代表的疾患の出題が増えたということが触れられています。

第103回薬剤師国家試験にて、この8疾患に関わる問題は80題出題されましたが、第104回薬剤師国家試験では87題も出題されました。特にがんに関連した問題は第103回で17題だったのに対し第104回では22題、免疫アレルギー疾患に関しては第103回では9題だったのが第104回では19題も出題されています。

これら8つの代表的疾患の出題は年々増えており、より臨床的問題が問われる傾向にあると考えることができますね。

 

第103回薬剤師国家試験の総評はこちらでまとめていますので今回の総評と比較しながら参考にしてみてください。

今後もこのサイトにて薬学生に役立つ情報をまとめていきたいと思うのでよろしくお願いします。

薬剤師国家試験パーフェクトガイド


薬剤師国家試験の受験資格、合格率、出題科目、勉強法を徹底解説したパーフェクトガイドを用意しました。

これまで勉強してこなかった人にも、薬剤師国家試験を知らない人にもわかりやすく、薬剤師国家試験について図を多めにまとめています。

パーフェクトガイドはこちら≫

こちらの記事もおすすめ!