薬剤師

薬剤師も使える!退職代行サービス「EXIT」って何?

f:id:chacatechin:20190520210308p:plain
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

先日Twitterで看護師の方が退職代行サービスを利用して退職したというツイートを見かけました。それを耳にした時、退職代行サービスは転職の多い薬剤師界でも今後増えていくのではないかと思いました。

そこで今回は退職代行サービスとはどのようなものなのか、いろんな記事や口コミをしっかりリサーチしてきたので、オススメする退職代行サービス「EXIT」と薬剤師が利用する際に注意しないといけないと思ったことをまとめていきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメです
  • 退職したいけど辞めさせてもらえない
  • 退職を言い出しにくい
  • 入社したばかりだけどすでに辞めたい
  • 退職代行サービスについて知りたい

退職代行サービス「EXIT」

そもそも退職代行サービスとはどういうものなのでしょうか。簡単に言うと、本人に代わって会社側に退職の連絡を行ってくれるサービスのことです。

国家資格である薬剤師は転職がしやすい職種だと言えますが、退職という大きな壁がついて回ることも事実です。この退職代行サービスはそんな退職したいけど辞めさせてもらえない人や、退職を言い出しにくい人、入社したばかりだけどすでに辞めたい人のためのサービスと言えるでしょう。

転職に強い職種である上に退職の壁をも低くできるのであれば、薬剤師の転職はほとんど敵なしだと僕は思います。

僕が退職代行サービスについて調べてみると思ったよりいろんな会社があり、どの会社も似たようなことを謳っていましたが、リサーチした結果退職代行サービスの中でも一番信頼が厚いと思われる会社だったのが「退職代行EXIT」。

f:id:chacatechin:20190519225657p:plain

出典:https://www.taishokudaikou.com

現在退職代行サービスを行う会社が急増しており、中には悪徳業者とも呼べる会社もあるようです。「退職代行EXIT」はNHKを始めとするテレビや新聞にも掲載されており、業界の中でも信頼度が高いとされています。

退職代行サービスを行う会社には顧問弁護士がいるかいないかで大きく質が変わってきますが(後述します)、「退職代行EXIT」はしっかり顧問弁護士がいるのでその点でも信頼できると言えるでしょう。

スポンサーリンク

退職代行サービスは違法ではないのか

退職代行サービスについて説明しましたが、気になるのは違法性はないのかということ。僕がリサーチしていくうえで一番気になったことでもありました。

結果から先に言うと、退職代行サービスに違法性はないと言えるでしょう。

ただし、これはしっかりとした会社が行った場合になります。その点でも信頼のある「退職代行EXIT」のような会社を選ぶ必要があります。

ここからは僕が違法性がないとないと判断するに至った記事などを紹介します。

「退職を依頼する」の意味によります。退職に伴い、金銭支払い条件など何らかの代理交渉を依頼するのであれば非弁です。単に本人が作成した退職届を持参して届けるだけの役割であれば単なる使者として合法といいやすいかもしれません。

出典:第三者に退職を依頼すること自体は違法ではないのか?

 こちらは弁護士が監修した記事で、これによると退職の交渉などはできませんが退職届を届けることに関しては問題ないと書かれています。

この法律を踏まえて、「退職代行EXIT」の代表はこのように発言しています。

私たちが行っているのは、本人に代わって会社に退職の連絡をするだけです。それだけです。というのも、我々が会社に行ったり、何かを交渉したりすることって許されてないんですよ。

ちゃんと顧問弁護士をつけて、僕らがやっていい範囲・やっちゃいけない範囲というのは理解しています。

出典:「退職代行EXITって怪しくない?」とツッコんだら、人の命を救うサービスだと熱弁された

先ほどの弁護士の記述に沿った内容の発言ととらえることができます。きちんと顧問弁護士を付けて、やっていい範囲・やってはいけない範囲を理解しているのでここでも「退職代行EXIT」の信頼度が高いと言えますね。

ただし、顧問弁護士を付けず、非弁行為を行うような悪徳業者も増えてきているようなので退職代行サービスを利用する際は、その会社の下調べはしっかりしておくべきです。 

「EXIT」の利用方法

退職代行サービスは会社側に連絡する必要はないものの、それまでの過程が大変なんじゃないかなと思っていましたが、実際に調べてみると思ったより簡単でした。

  1. 相談
  2. 振込
  3. EXIT

この3ステップで行えるようです。料金に関しても正社員・契約社員であれば50,000円と、手が出せないほど高いというわけでもなさそうです。詳しくは「退職代行EXIT」のホームページで確認ください。

 

薬剤師向け転職サイト

退職が決まったら、次に転職先を決めないといけません。薬剤師の転職は転職サイトを利用することが大道となっているようです。転職サイトは自分の希望する条件に合わせた薬局を選んでくれたり、就職後のフォローもしっかりしており、登録も無料ですので就職先に悩んでいる人はとりあえず登録しておくのもいいかもしれません。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

転職サイトを比較したどの記事でも上位に出てくるのがこの薬キャリ 薬剤師登録数No.1であり、求人の質や数も多く国内最大級の求人サイトと言えるでしょう。

薬キャリ は、国内最大級ということもあり毎日多くの高年収求人、好条件求人が更新されます。その求人情報の中から希望にぴったりの薬剤師求人をメールでも知らせらせてくれるため、仕事や勉強、プライベートに忙しい薬剤師や薬学部生をしっかりサポートしてくれます。

多くの求人を比較しながら自分で選びたいという人は薬キャリ に登録することをオススメします。

↓登録はこちらから↓

薬キャリ

ファルマスタッフ

「ファルマスタッフ」 厚生労働省認定の「職業紹介優良事業者認定企業」ということもあり、転職相談満足度96.5%とめちゃくちゃ高いのが特徴です。

全国に15もの拠点があるため 地域密着でしっかり職場をリサーチしてくれます。そのことにより、現地の生情報が聞けるという強みがあります。

また「ファルマスタッフ」 では、グループ企業である大手薬局チェーン・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かし、スキルアップ・キャリアアップをサポートしてくれます。

↓登録はこちらから↓

ファルマスタッフ

 

いかがでしたでしょうか。僕もいつか転職を考えているのでこの退職代行サービスという選択肢があるということは我々にとって喜ばしいことだと思います。

もちろん退職する際に自分でしっかり伝え、辞めることができればそれが一番なのですが様々な理由があってできない人もいると思います。そんな人は悩まずこのようなサービスを利用するのも一つの手だと思います。

薬剤師の皆さんがよりよい人生を送れることを願っています!

www.103yakyaku.com

www.103yakyaku.com

 

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
薬剤師・薬学部生を応援している病院薬剤師です! 今回の記事は参考になりましたか?? 良ければTwitterやInstagramをフォローして仲良くなりましょう!
薬剤師国家試験パーフェクトガイド


薬剤師国家試験の受験資格、合格率、出題科目、勉強法を徹底解説したパーフェクトガイドを用意しました。

これまで勉強してこなかった人にも、薬剤師国家試験を知らない人にもわかりやすく、薬剤師国家試験について図を多めにまとめています。

パーフェクトガイドはこちら≫

こちらの記事もおすすめ!