薬剤師国家試験対策

【薬剤師国家試験対策】得点率の高い科目・低い科目は?物理と化学を対策せよ

薬剤師国家試験では物理、化学、生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務の9科目を勉強しなければなりません。9科目もあるため、科目によっては得点がとりやすい科目や取りにくい科目があります。

傾向で言うと、薬理や法規は点数がとりやすく、物理や化学はとりにくい科目であると言えます。

今回は近年の薬剤師国家試験の結果をもとに得点率の高い科目と低い科目についてまとめていきたいと思います。

※各科目の得点率は薬ゼミの総評を参考にしています。

薬剤師国家試験各科目得点率

まずは第101回から第104回薬剤師国家試験までの各科目の得点率を見ていきましょう。

年によって得点率が大きく変化している科目もありますが、総合点は回数によって大きく変わっていないっというのが特徴です。

また、得点率上位の科目と下位の科目では得点率に大きな差があり、第101回薬剤師国家試験では上位が89%、下位が52%とかなりの差があることがグラフからも見て取れます。

ここからは得点率の高い科目と、低い科目をピックアップしていきましょう。

スポンサーリンク

得点率の高い科目

得点率上位科目は正答率が80%に及ぶものもあります。第101回薬剤師国家試験では法規の得点率が89%と驚異の得点率でした。

また、これらの科目を見てもらえばわかる通り、薬理と法規が常に上位に位置していることが分かります。薬理と法規は毎年のように薬学生の得点源になっているということです。

逆に言うと、薬理と法規でつまずいてしまったり、苦手科目にしてしまうと、他の人たちにかなり遅れを取ることになるでしょう。

一つ注意してほしいのが、得点率が高いことを当てにしすぎることは良くないということです。なぜかというと、得点率上位の法規では89%の年もあれば75%の年もあり、得点率上位に位置しているものの年によって14%もの差があるためです。

年によって難易度に差が出るのは仕方がないので、差が出ても補えるように他の科目でもしっかりと点数を取れる準備をしておく必要があります。

得点率の低い科目

先ほどの上位科目の得点率と見比べると、下位の科目では50%程となっており、かなり得点率が悪いことが分かります。

また下位の科目にも特徴があり、物理と化学が常に下位に位置していることが分かります。化学に関しては、以前取ったアンケートにて苦手な科目No.1にも選ばれており、薬剤師国家試験の得点率でもみんなが苦手にしているということが見える結果となりました。

薬剤師国家試験でみんなが苦手な教科No.1はいったい何?? どーも、ひゃくさんです! 薬剤師国家試験で苦手な教科ってありますよね?僕は特に衛生が苦手だったのを覚えています。 で...

先ほどのグラフを見ても第104回薬剤師国家試験では化学と物理の得点率が圧倒的に悪く、他の科目の足を引っ張った形となっています。

これら下位の科目で得点を取ることができれば、薬剤師国家試験合格に一気に近づくと言っても過言ではないかもしれませんね。

実際に僕はこの化学と物理で平均点を大幅に超える点数を取ることができたので、第103回薬剤師国家試験を余裕を持って合格できています。詳細はこちらからどうぞ。

【薬剤師国家試験の勉強法】物化生を制する者が国家試験を制する? どうも、ひゃくさんです。第103回薬剤師国家試験を終えて薬剤師として頑張っています! このブログでは以前、自分の薬剤師国家...


最後に・・・

薬剤師国家試験対策ができる時間は限られています。今回のこの記事を参考に、どの科目により力を入れていくか考えて勉強の計画を立てていくのも一つの手だと言えるでしょう。

薬剤師国家試験は対策を立てることで効率良く勉強を進めていくことができます。やみくもに、むやみに勉強を進めるのではなく、傾向を把握して勉強を進めていくことで薬剤師国家試験合格に一歩近づけるはずです。

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。
薬剤師国家試験まとめ


薬剤師国家試験の受験資格、合格率、出題科目、勉強法を徹底解説したパーフェクトガイドを用意しました。

これまで勉強してこなかった人にも、薬剤師国家試験を知らない人にもわかりやすく、薬剤師国家試験について図を多めにまとめています。

パーフェクトガイドはこちら≫

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です