薬学部

薬学部の学費はどれくらいかかるの?私立・国公立大学比較!

薬剤師になるためにはまず6年制の薬学部に入学する必要があります。大学はそもそもお金がかかるイメージですので、6年間ともなるとどれくらいの学費がかかるのか心配になる人も多いと思います。

今回は6年制薬学部はどれだけの学費がかかるのか、国公立・私立大学別にまとめてみました。さらに大学生活は学費だけではなく生活費が重くのしかかってくるのでそれについてもまとまています。

薬学部に進学しようと思っている学生や、その親御さんは薬学部がどれだけのお金がかかるのかを把握ししっかりした準備をしていきましょう。

薬学部の学費はどれくらいかかるのか

薬学部は6年制ですので(研究者コースは4年制)、通常の4年制大学よりも学費の総額が高いというのは逃れることができない事実となっています。

では、国公立と私立大学では6年間でどれだけの学費がかかるのでしょうか。それぞれで見ていきたいと思います。

国公立大学薬学部の学費

「スタディサプリ」の学費シミュレーターによると国公立大学の薬学部の学費は総額350万円となっています。

これは4年制の国公立大学の学費である約250万円より100万円も高い額となっています。1年間の学費が50万円程度ですので2年分上乗せされている計算ですね。

私立大学薬学部の学費

同じく私立大学薬学部の学費を「スタディサプリ」の学費シミュレーターで調べてみると、関東では総額1100万円、九州・沖縄では総額1012万円となっています。

先ほどの国公立大学薬学部に比べ700万円ほど高くなっていることが分かります。ほとんど3倍違っていますね。さらに関東の4年制私立大学の学費である585万円(数学・物理・化学系)よりも500万円ほど高くなることも分かりました。

スポンサーリンク

お金がかかるのは学費だけじゃない

日本学生支援機構の「居住形態別・収入平均額及び学生生活費の内訳」によると、アパートなどを契約し自宅から通学しない学生は、年間116万円もの生活費がかかります。

6年間で考えると約700万円かかりますので、国公立大学薬学部だと1050万円、私立大学薬学部だと1800万円ものお金がかかります。学費だけで考えていると予定していた額を大幅に超えてきますので、しっかりと生活費まで考慮する必要があります。

最後に・・・

薬学部に限らず、どの大学も非常にお金がかかってきます。大学進学を考えている人はもちろん学びたいことを学ぶことが一番ですが、お金がかかるんだということを十分理解したうえで大学を選択するといいと思います。

お金に対して不安がある人は奨学金を借りるという選択肢もあります。調剤薬局や病院によっては奨学金返済をサポートしてくれるところもあるので、そういうところに就職する前提で考えるのもいいかもしれませんね。




ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。
薬剤師国家試験まとめ


薬剤師国家試験の受験資格、合格率、出題科目、勉強法を徹底解説したパーフェクトガイドを用意しました。

これまで勉強してこなかった人にも、薬剤師国家試験を知らない人にもわかりやすく、薬剤師国家試験について図を多めにまとめています。

パーフェクトガイドはこちら≫

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です