薬剤師

在宅で出来る!薬剤師のスキル・経験を活かせるオススメ副業4選

  • 転職をしようと思っているけど、転職の手順が分からない
  • 転職は初めてなので失敗せず成功するコツを知りたい

この記事はこういった悩みを持つ薬剤師向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

薬剤師は6年間大学に通った割には給料が低いので、副業を始めてみようと思っている人も多いと思います。
中でも本業やプライベートへの影響も少ないと思われる在宅での副業を考えている人もいるのではないでしょうか

薬剤師
薬剤師
空いた時間にできる副業って何かあるかな?
薬剤師
薬剤師
できれば薬剤師のスキルを活かせるものがいいな

この記事ではこのような悩みにお答えします。

在宅で出来る薬剤師にオススメ副業4選

僕がオススメする在宅で出来る薬剤師オススメ副業としてはこの4つがあります。

  1. クラウドソーシング
  2. ココナラ
  3. YouTube
  4. ブログ

それぞれのメリット・デメリットを簡潔にまとめるとこのようになります。

クラウドソーシング
  • メリット:すぐに収益化できる
  • デメリット:収入に限界がある
ココナラ
  • メリット:自分のスキル(イラスト等)を自由に売れる
  • デメリット:購入者がいないと収益化できない
YouTube
ブログ
  • メリット:めちゃくちゃ稼げる可能性
  • デメリット:収益化までの道のりが長いかも

ここからはそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシング




クラウドソーシングとは不特定多数の人に特定の業務を委託し、その対価を支払うという形式の労働形態です。
簡単に言うとライティングやアンケート、インタビューに答えることで報酬が貰える流れになっています

薬剤師としての普段の仕事に対するアンケートや、働いたことのある職場の口コミを募集している依頼主もいますし、特に転職したことがある人はその経験をインタビューとして答えたり、記事にしたりすることで高収入が得られます

もちろん、薬剤師のスキルを活かさなくてもできる仕事はたくさんあるので、その仕事を空いた時間に在宅でこなしていくことで収入アップが狙えます。

クラウドソーシングのメリットとしては、すぐに報酬に変えることができることと初心者向けの案件もあることです。
しかし、一つの仕事の単価が決められているので、月に稼げる収入に限界があるというデメリットもあります。

限界があると言っても月に数万~数十万稼ぐこともできるので、結局は頑張り次第なところもあります。

登録は無料で出来るので、実際にどのような仕事が募集されているのか見てみることをオススメします。

公式ページ日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ひゃくさん
ひゃくさん
在宅でできる副業の王道と言えばクラウドソーシングでしょう!

ココナラ




CMでも話題となっているスキルのフリマ「ココナラ」でも薬剤師のスキルや経験を活かして在宅で副業を行うことができます。

先ほどのクラウドソーシングとの違いは、自分発信でスキルを売ることができるという点です
なので、スキルを買ってくれる相手がいて初めて収入が発生するという形になっています。

ココナラで売られているスキルには、

  • 画像・デザイン
  • 占い
  • 似顔絵・イラスト
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・アニメーション
  • 美容・ファッション
  • 文章・キャッチコピー
  • 語学・翻訳
  • プログラミング
  • ホームページ制作
  • ビジネス

などなど、実に様々なものがあります。

自分が持っているスキルであれば基本何でもいいのです。
実際に「薬剤師」で検索してみると、薬学部に入学した経験や、薬剤師として働く経験・知識を売っている人もいますし、購入されているので需要もあるようです

スキルの価格も自分で決めることができるので、自分のスキルに合った値段設定をすることができます。

メリットとしては自分のスキルを好きに売ることができることですが、デメリットとしては購入者がいないと収入が発生しないので需要がある様なスキル出ないと少し厳しいかも知れません。

先ほどのクラウドソーシング同様、月数万から数十万稼ぐ人もいるので、持っているスキルに価値があれば副業として十分成り立つはずです。

公式ページスキルのフリマ【ココナラ】

ひゃくさん
ひゃくさん
自分のスキルを売ることができる時代ってすごいですね!

YouTube

YouTubeはいま最も勢いのあるコンテンツで、YouTubeを副業として始める人もかなり多くなっています

YouTubeが稼げるということはほとんどの人が知っているかと思いますが、YouTubeを始めればすぐに稼げるというわけではありません。
そもそもYouTubeでお金が入ってくる仕組みとしては広告を流してそこから収入を得るという流れなのですが、広告を流すためにはある一定の条件をクリアする必要があるのです。

YouTube収益化の条件

  1. 過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

・・・結構厳しいな。
そう思った薬剤師の皆さんも多いと思いますが、薬剤師や薬学生という肩書きを利用してYouTubeで活躍している人の中には数万人のチャンネル登録者を持っている人もいるので無理な話ではないとおもいます。

例として、薬剤師であるシャーベットクロックさんは2.5万人で、薬学生YouTuberの津野直哉さんは7万人、同じく薬学生YouTuberのまい丼さんは2万人ものチャンネル登録者がいます(2020年3月現在)。


YouTubeのメリットは波に乗れればめちゃくちゃ稼げるということです。
しかし、先ほども言いましたが収益化までの道のりが少し遠いのでそこまで頑張る気力が必要になってきます。

最近は薬剤師としてYouTubeを始めている人もたくさん出てきたので、みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ひゃくさん
ひゃくさん
YouTubeは本当に勢いがありますね!

ブログ

薬剤師の中にはそもそもブログで稼ぐという概念がない人もいると思いますが、ブログは稼ぐことができます。
有名ブロガーだと月収数百万円も稼いでいる人もいますし、試行錯誤すれば月収数十万円は無理ではないと思います

ブログの収入減はYouTubeと似ていて、広告収入が主になってきます。
これに関しては有名ブロガーのヒトデさんがかなり詳しく分かりやすく書いているのでそちらを参考してみてください。

薬剤師でブログをやっている人は皆さんが思っている以上にたくさんいます。
最近では薬学生も増えてきましたね。

薬の情報を書いていたり、薬剤師としての働き方を書いていたり、薬学生向けにブログを展開している人もいます
中には薬剤師業務をしながらブログで数十万円を毎月稼いでいる人もいるので、期待は膨らみますよね。

メリット・デメリットはYouTubeと似ていて、波に乗れればたくさん稼げることで、デメリットは収益化まで時間がかかるということです。

ひゃくさん
ひゃくさん
最近はブログやっている薬剤師が増えてきているので、仲間ができてとてもうれしいです!
スポンサーリンク

最後に

いかがでしょうか。
薬剤師が副業をして収入アップすることができれば、気持ちに余裕ができて本業にも集中できてプライベートも充実することができるでしょう。

薬剤師を本業にしつつ、別の稼ぎどころを見つけておくと将来の不安も少なくなるかもしれませんね。

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数2500人突破しました。