薬剤師国家試験勉強法

オススメする効率的な薬剤師国家試験勉強法とコツまとめ【傾向と対策】

  • 薬剤師国家試験の勉強で何をしていいか分からない
  • 効率的な勉強法を知りたい

この記事はこういった悩みを抱えた薬学生向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

薬剤師国家試験の勉強って正直何をしていいのか分かりませんよね。
実際僕が薬学生の頃も何をしていいか分からず、手探りでいろいろな勉強法を試行錯誤していました。

そして試行錯誤した結果、第103回薬剤師国家試験で上位1割の点数で合格することができました

この記事では、薬剤師国家試験を上位1割で合格した経験や薬学生向けにこのブログを運営してきた経験をもとに、薬剤師国家試験に効率よく合格するためのオススメ勉強法をまとめていきたいと思います。

オススメする効率的な勉強法

そもそも、効率の悪い勉強法が何か知っていますか?

効率の悪い勉強法とは、継続できない勉強法です。

どれだけ良い勉強法でも、継続できなければ意味がありません
継続できない勉強法は、むしろめちゃくちゃ効率が悪いと言えるでしょう。

例えば、基礎知識があまりない段階で青本を1から読み始める勉強法は継続できるでしょうか。

確かに、青本をすべて覚えることができれば、薬剤師国家試験なんて簡単に合格できます。
逆に言えば、青本にはそれくらい細かいことまで書いてあるので、基礎知識が無いまま1から読み始めるとあまりの情報量の多さに絶対と言っていいほど挫折します。

薬剤師国家試験の勉強はかなり長い期間におよびますので、勉強をいかに継続できるかというのは大きな鍵となってきます

オススメ勉強法は問題を解きまくること

では、僕がオススメする継続できて効率的な勉強法とはどのようなものなのでしょうか。

それは、問題を解きまくる勉強法です。

問題を解きまくることのメリットは以下の3つがあります。

  1. 勉強の成果が見える
  2. 文章を読むだけより知識が定着する
  3. 模試の問題には予想問題が含まれている

では、一つずつ説明していきましょう。

勉強の成果が見える

人は自分の成長を見ることでやる気が段違いに上がります

例えば、ダイエットしている人が体重計に乗って体重が軽くなっていたらモチベーション上がりますよね?
もっと頑張ろうと思うはずです。

これと同じように、解けなかった問題が解けるようになったり、過去問を解いたときの点数が以前より上がっていたら勉強へのモチベーションはめちゃくちゃ上がります。

問題を解きまくる勉強法では、このように自分の成長や勉強の成果を客観的に見ることができるので、モチベーションが維持され勉強の継続へと繋がります

先ほど言ったように、継続できない勉強法は効率が悪いので、このようにモチベーションの維持しやすい勉強法はかなり効率的であると言えるでしょう。

文章を読むだけより知識が定着する

また、問題を解くことは知識をアプトプットすることに繋がります。
アウトプットに関しては先日このようなツイートをしました。


薬剤師国家試験に挑む薬学生が陥りがちなのは、参考書を読みまくるだけのインプット過剰になっていることです。
これではアウトプットができておらず、知識の定着ができません。

問題を解くことで、インプットした知識をしっかりアウトプットできる。
知識がなかなか定着しないなと感じている薬学生は、もっとアウトプットを多めにするといいでしょう。

模試の問題には予想問題が含まれている

薬剤師国家試験の模試は力試しをする試験ではなく、その年の予想問題が含まれています。
過去にこのブログでは、薬ゼミが公開している情報をもとに、第103回薬剤師国家試験でどれだけの予想が一致したか調べてみました。

その結果、模試では44問、やまかけ講座を含めると全体の約20%もの予想が当たっていたということが分かりました。

さすが薬ゼミと言ったところですね。
なので、模試はただの力試しのために利用するのではなく、しっかりと問題を解いてやり直しをする必要があるのです。

【103回薬剤師国家試験】薬ゼミの模試とやまかけはどれだけ当たったのか 薬ゼミの模試ってやり直す必要ある? 薬ゼミのやまかけ講座って出た方が良い? この記事はこういった悩みを抱...

オススメ勉強法は時期や知識量によって変わる

ここまで、問題を解きまくることのメリットを話してきました。
では具体的にどのように解きまくればいいのかを話していきたいと思います。

オススメ勉強法は時期や知識量によって変わります。

  1. 時間がある、知識ほぼゼロ→必須問題を解きまくる
  2. 時間がある、基礎レベルの知識あり→章末問題を解きまくる
  3. 時間がない、結構知識ついてきた→過去問を解きまくる

このような分類にした理由は、実際に僕がこのように勉強法を変えて成績を伸ばした経験があるからです。

今回は時期と知識量をこのように分類したので、自分がどのレベルにいるのかを見極めてこの後の勉強法を参考にしてみてください。

時間がある、知識ほぼゼロ

時間がある、知識ほぼゼロという人にオススメなのが必須問題を解きまくるという勉強法です。
この勉強法は実際に僕もやりましたし、この勉強法を実践した人から点数が伸びたと感謝の言葉を頂いた勉強法になります。

必須問題を解きまくる勉強法のメリットはこのようなものがあります。

必須問題では基礎的な問題が多く出題されるため、そこをカバーすることで基礎的な知識を身に付けることができます
さらに薬剤師国家試験は9科目あるのですが、その全てを網羅的に勉強できるというメリットもあります。

また、いきなり青本などの参考書を読み始めてしまうと、頭がすぐにいっぱいになってしまってモチベーションを維持しにくくなります。
その一方で、必須問題のように基礎的な問題を解いていく勉強法は、簡単に理解できる内容が多く、さらに解けるという経験を積むことができるのでモチベーションをかなり維持しやすくなります

実際に僕は模試の過去問を必須問題だけ解いて基礎を定着させようとしていました。
その結果、薬ゼミ統一模試Ⅰから統一模試Ⅱまでに60点あげることに成功しています

模試や国家試験の過去問を持っていない人は、必須問題集をオススメします。

\2021年度版が発売されました/

薬剤師国家試験勉強には必須問題集をオススメ!【合格者の感想アリ】 薬剤師国家試験勉強の方法に悩んでいる 必須問題集の評判について知りたい この記事はこういった悩みを持つ薬...

時間がある、基礎レベルの知識あり

時間がある、基礎レベルの知識ありという人にオススメなのが青本の章末問題を解きまくるという勉強法です。
細かく言えば「青本を読む→章末問題を解く」この流れがオススメです

先ほど、アウトプットが大事ですよと言いましたが、それと同じくらいインプットも大事です。
インプットなしにはアウトプットできないので、必須問題を解きまくって基礎がある程度ついてきたら青本を読んでいきましょう。
基礎がある程度ついていれば、きっと青本もスラスラ読めるはずです

そして、青本の章末には確認問題が付いているので、そこでアウトプットです。
読んだ内容をしっかり理解できているか、間違った問題はなぜ間違えてしまったのか考えましょう。

青本の章末問題は、過去の薬剤師国家試験の問題から良問が選ばれているので、知識を定着させるのにもってこいです。
良問ばかりなので、一度だけでなく何度も解くことをオススメします。

僕は間違えた問題にチェックを付けて何度も章末問題を解いていました。

こうすることで自分の成長が見えますし、理解できていないのがどの部分なのかもわかりますよね。

青本はページ数が結構あって大変だと思いますが、正直これ青本を読むという勉強法にかなう勉強法はありません。
青本を読んで章末問題を解くという、「インプット→アウトプット」を繰り返し行うことで薬剤師国家試験合格に大きく近づくはずです

【薬剤師国家試験勉強法】青本の章末問題を活用せよ! どーも、ひゃくさんです! 僕は薬剤師国家試験勉強は主に薬ゼミの青本を使っていました。とてもまとまっていて非常に使いやすかっ...

時間がない、結構知識ついてきた

ここまでは時間がある人向けのオススメ勉強法を書いてきましたが、この記事を読んでいる時にはもう時間がないという人もいるかもしれません。
そういう人や、結構知識が付いてきたという人にオススメなのが、過去問を解きまくるという勉強法です。

最後は結局問題の数をこなすことが大事になってきます
時間がない人や、知識が結構ついてきた人は最後の追い込みとして問題をたくさん解いていきましょう。

薬剤師国家試験の過去問を解く時は、

  1. 時間を計って解く
  2. しっかり採点する

このように本番同様に解いていきましょう。

本番同様に解くことで、時間配分を考えることができます。

薬剤師国家試験の過去問で合格点以上を取ることができれば、安心感が全然違いますので過去問でいい点を取って本番を迎えるというのも一つの作戦かもしれません。

また、このブログでは薬剤師国家試験用の解答用紙を用意しています

薬剤師国家試験用の解答用紙作ってみた!レーダーチャートを活用しよう! どーも、ひゃくさんです! 先日Twitterでこのような呟きをしました。 薬剤師国家試験の自作解答用紙の写真がまわっ...

たくさんの薬学生から評価していただいているので、みなさんもぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク

薬剤師国家試験勉強のコツ

ここまでは問題を解きまくるというオススメの勉強法についてまとめていきました。

ここからは、その他の薬剤師国家試験勉強のコツについてまとめてきたいと思います。

正答率の高い問題を解けるようになれ

薬剤師国家試験は、正答率の高い問題だけでも200問以上あります

第104回薬剤師国家試験の合格点は225点でしたので、正答率の高い問題だけで200問あるというのはかなり大きな意味合いを持っています。

こちらの画像をご覧ください。

これは近年の薬剤師国家試験である第102回から104回までの正答率70%以上の問題数です。
見ていただければわかるように正答率70%以上の問題だけでも200問近くあります。

さらに、こちらの画像をご覧ください。

正答率60%以上の問題となると、合格点を余裕で超える250問近い問題数になるのです

要するに、薬剤師国家試験合格のためにはみんなが解けないような難しい問題は解けるようになる必要がなく、みんなが解けるような問題を解けるようになる必要があるということです。

薬ゼミ模試の個人カルテには各問題の正答率が書かれてありますので、正答率の高い問題の中で自分が間違えた問題を集中的に対策していくことをオススメします。

逆に正答率の低い問題は優先度が低くなりますので、時間がなかったり、他にやるべきことがあるのであれば飛ばしても構わないでしょう。
きっと他の人も解けないと割り切るのも作戦の一つです。

正答率の高い問題だけで200点は取れる!【薬剤師国家試験対策】薬剤師国家試験は非常に幅広い知識が求められ、毎年そんなところまで勉強しないといけないのかという難しい問題も出題されます。どこまで勉強すれ...

知識を関連付ける

薬剤師国家試験は膨大な情報を覚える必要があります。
そして覚える上で大事になってくるのが、知識を関連付けるということです。

特に薬理と生物の知識は関連付けしやすいため、積極的にリンクさせていくといいでしょう。

例えば、薬理でメトホルミンの勉強をしていたとしましょう。

メトホルミンの薬理作用は、AMPKの活性亢進、肝臓での糖新生抑制、糖利用促進です。
ここで出てきた糖新生は生物の領域で詳しく解説されているので、そこを関連付けていきましょう。

さらに、メトホルミンの副作用には乳酸アシドーシスがありますが、これは嫌気的解糖系が亢進することで起こります。
糖新生と同様に、解糖系も生物で詳しく解説されているので関連付けができます。

このように一つの科目を勉強していても、他の科目のキーワードがたくさん出てくるので、「あれ、なんだっけ?」と思ったら迷わずに調べることをオススメします
そうすることで、効率よく勉強でき、知識として身についていくはずです。

SNSを利用する

SNSは勉強の敵だと思っている人も多いでしょう。
しかし、SNSを上手く活用できれば、かなり強い味方になるのです

実はSNSを利用して勉強法を公開している人や、問題を出題している人などなど、ためになる情報がたくさん投稿されているんです。

SNSを利用するメリットとしては、

  1. 良い刺激を貰える
  2. 休憩してるつもりが勉強している

この2つがあります。

SNS上には薬剤師国家試験を一緒に戦う仲間がたくさんいます。
そういった人たちをフォローすることで、「自分ももっと頑張ろう」と刺激を貰うことができます。

さらに、先ほど言ったように、薬剤師国家試験の為になる様な情報がたくさん投稿されているので、休憩にSNSを見ているはずがいつの間にか勉強しているなんてこともあります。

今回は僕がSNSでオススメする人たちを3名紹介します。(快く掲載許可を頂きました!)

くるみぱんさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

くるみぱん(@kurumipan.773)がシェアした投稿

Instagramでふせんノートを投稿しているくるみぱんさんさんはフォロワー数が2万人を超える超人気な薬学生です。

そのかわいくてきれいなふせんノートは、とても分かりやすく、投稿を見ているだけでかなり勉強になります。

ノートのまとめ方などの参考にもなるので是非フォローしてみてください。

ひゃくさん
ひゃくさん
くるみぱんさんの投稿を見ているだけでやる気が出てきますね!

あやちゃむさん

あやちゃむさんは視覚的に理解できるGIFをTwitterにて投稿しています。
そのGIFは薬学生に大人気で、毎回3桁を超える「いいね」が付いています(す、すげー・・・)

また、「ヤクタイ」という薬学の知識を共有するサービスも提供しています。

無料で利用できるので、勉強をしている中で分からないことがあったら質問してみることをオススメします。

ひゃくさん
ひゃくさん
実は、あやちゃむさんは僕と同じ第103回薬剤師国家試験に合格しているんですよ!

Mr.薬剤師さん

Mr.薬剤師さんは自身が第104回薬剤師国家試験に挑みながらも、Twitterで問題を投稿していた超人です。
そんな超人であるMr.薬剤師さんは、問題の投稿だけでなく解説もしっかりとしてくれるのでめちゃくちゃ為になります

薬剤師として働く今でも問題を投稿しており、フォローしているだけでSNSを利用しながらも多くのことを学ぶことができるでしょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
Twitterのアンケート機能は、みんながどんな選択肢を選んだのかわかるのでとてもためになりますよ!

図解する

薬剤師国家試験勉強をしていると、どうしても文字だけではイメージできないものがたくさんでてきます。

そういう時にオススメなのが、文章を図解するということです。

もともと青本にはたくさんの図が入っているのでとても分かりやすいですが、さらに分かりやすくするために自分で図解していくといいかもしれません。

薬ゼミの講義の板書より

こんな感じで、図解していくと理解しやすいし記憶にも残りやすいと思います。

ゴロで覚える

ゴロはやっぱり覚えやすいです。
薬剤師国家試験問題を解いていると、ゴロを覚えているだけで解ける問題はめちゃくちゃあります

実際に僕も薬学生の頃はゴロを多用していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひゃくさん(@103yakulog)がシェアした投稿

自分が苦手としている所は積極的にゴロを活用していきましょう。

Google検索すると結構たくさんのゴロが出てくるので探してみるといいかもしれません。

薬学ゴロ掲示板で薬剤師国家試験を制す!みんなでゴロを投稿しよう! 薬剤師国家試験は膨大な知識量を求められるので、ゴロを使ってできるだけ効率よく勉強したいですよね。 今回そんな悩みを...

薬剤師が読んでる本を読んでみる

模試で良い点数を既に取っている人は、薬剤師が読んでいる本を読んでみるといいかもしれません。

薬剤師国家試験は薬剤師になるための過程ではありますが、ゴールではありません。
薬剤師になればその先に患者さんがいて実際に医療に関わることになります。

薬剤師は日々自己研鑽のためにいろんな本を読むことになると思いますので、時間のある学生のうちに本を読んでおくと、薬剤師として素晴らしいスタートを切ることができます。

新人薬剤師が買っている本としては、児島悠史さんが書いた「薬の比較と使い分け100」と「OTC医薬品の比較と使い分け」という本が人気です。

ちなみに僕も買っています。

薬剤師国家試験でも活きてくる内容にもなっていますので、時間がある薬学生は是非読んでみてください。

薬剤師国家試験体験記

先輩たちの経験を参考にするのは、薬剤師国家試験合格の近道を探すのにとても有効です。
僕が薬剤師国家試験に挑戦するときには薬剤師国家試験の体験記というものがあまりネット上に転がっていませんでした。

なのでこれから薬剤師国家試験に挑戦する人たちのために第104回薬剤師国家試験に合格した人たちに体験記を募集し、何人かの体験記を集めることができました。

余裕を持って合格できた人、大逆転で合格を勝ち取った人など様々な体験記がありますので参考にしてみてください。

アニメで勉強する

薬剤師国家試験合格に近づくには、できるだけ勉強の時間を増やすことが重要です。
しかし、ただただ勉強し続けるのは集中力も続かず、質の低い勉強になってしまい効率が悪いです。

そんな時におすすめするのが、アニメで勉強するという方法
特に、アニメ「はたらく細胞」は、細胞の働きや、菌やウイルスと言った微生物のことまで楽しみながら勉強できるのでおすすめです。

アニメ「はたらく細胞」を全話無料で見る方法やあらすじ・見どころを解説! アニメ「はたらく細胞」は2018年に公開されたテレビアニメで、人間の体内にある細胞を擬人化した作品です。 ...

U-NEXTでは一ヶ月無料体験ができ、はたらく細胞を全話見ることができるので、興味がある人は登録してみてください。

\無料体験期間あり/

U-NEXTで「はたらく細胞」を見る

クリックするとU-NEXT公式HPに移動します。
無料体験はいつ終了するか分からないので早めに登録することをオススメします。

※無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。

薬剤師国家試験勉強法Q&A

ここからはよくある質問をまとめています。

勉強はいつからやればいい?

薬剤師国家試験の勉強は早く始めるに越したことはないですが、少なくとも夏までに始めておくのがベストです

「秋~冬くらいから始めても間に合うよ」という先輩の甘い言葉に惑わされないようにしましょう。
実際に僕は先輩の甘い言葉に乗せられ秋くらいから勉強を始めましたが、相当きつかったです。

合格できないことはないかもしれませんが、僕がもう一度薬剤師国家試験の勉強をするならもっと早くから始めるでしょうね
実際に薬剤師国家試験合格者の多くがもっと早くから勉強しておけばよかったというくらいですからね。

そしてなぜ夏までに始めるべきかというと、8月~9月には薬剤師国家試験の日程発表と薬ゼミの全国統一模試があるからです。

そのことについて詳しく書いてある記事がありますのでそちらをご覧ください。
合格者の勉強を始めた月についてのアンケート結果もありますので参考にどうぞ。

薬剤師国家試験勉強はいつから始めるべき?【結論:今から始めましょう】 薬剤師国家試験の勉強っていつから始めたらいいの? みんなはいつから始めているの? この記事はこういった悩...

勉強時間はどれくらい?

薬剤師国家試験の勉強は非常に長い時間を必要とします。
おそらくみなさんもたくさん勉強しないといけないと思っていると思いますが、実際にどれだけの勉強量が必要なのでしょう。

僕は薬剤師国家試験直前は1日に10時間ほど勉強していました
もちろんこれより多く勉強している人もいれば、勉強していない人もいます。

こちらの記事では僕の1日のスケジュールと、薬剤師国家試験の勉強をしている人のアンケートもまとめています。
何時に寝て、何時に起きているのかという面白いアンケートも取っていますので参考にしてみてください。

薬剤師国家試験勉強はいつから始めるべき?【結論:今から始めましょう】 薬剤師国家試験の勉強っていつから始めたらいいの? みんなはいつから始めているの? この記事はこういった悩...

オススメの勉強場所は?

どこで勉強をするのかというのも勉強のモチベーションを高める上で非常に重要になってきます。

家での勉強は勉強道具を持ち運ぶメリットがある一方、誘惑が多いというデメリットがあります
大学での勉強は友達と一緒に勉強できる一方、インフルエンザに罹ってしまうリスクもあるかもしれません。

僕が最終的に勉強場所に選んだのは家でしたが、それ以外の場所のメリットもすごくあると思います。

こちらの記事では僕が実際に行った勉強場所ごとのメリットとデメリットをまとめています。
また、みんながどこで勉強しているのかアンケートもとっているので参考にしてみてください。

薬剤師国家試験オススメの勉強場所は?みんなの勉強場所も公開! どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です! みなさんは薬剤師国家試験の勉強をどこでしていますか?自分の部屋、図...



まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回オススメの勉強法を紹介しましたが、これだけが正解というわけではありません。
自分が良いと思った勉強法があるのであれば、それを突き詰める方が良いかもしれませんからね。

なので、今回紹介した勉強法を参考に自分だけの最強の勉強法を見つけてください

みなさんが薬剤師国家試験に合格できることを願っています!

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。