体験記

【第104回薬剤師国家試験体験記】得点上位1割の人の勉強法とは?

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

今回は第104回薬剤師国家試験を見事に合格されたI氏の体験談です。なんと、本番での点数は上位1割

模試から第104回薬剤師国家試験までの得点と、どんな勉強をしたのか、もっとこうしておけばよかったこと、後輩へのアドバイスを聞いてきたので紹介したいと思います!

第104回薬剤師国家試験

まずは第104回薬剤師国家試験でI氏はどれだけの点数を取れたのか紹介します。

  • 必須:87/90(平均77.6)
  • 理論:76/105(平均61.9)
  • 実践:116/150(平均104.5)
  • 総合:279/345(平均244.2)

※平均点は第104回薬剤師国家試験 総評・科目別総評【動画】 | 薬学ゼミナールを参考にしています。

ひゃくさん
ひゃくさん
す、すごい!!

総合点は279点で全体の8割を超える点数をたたき出しています。これだけの高得点を取ったI氏が模試からどんな得点推移だったのか気になりますね!

スポンサーリンク

薬ゼミ模試から本番までの得点推移

ということで、I氏は模試の得点も教えてくれたので薬ゼミ統一模試Ⅰからの点数を紹介していきます!

薬ゼミ統一模試Ⅰ(237回)

  • 必須:71/90
  • 理論:35/105
  • 実践:81/150
  • 総合:187/345

薬ゼミ統一模試Ⅱ(238回)

  • 必須:70/90
  • 理論:50/105
  • 実践:81/150
  • 総合:201/345

薬ゼミ統一模試Ⅲ(239回)

  • 必須:73/90
  • 理論:63/105
  • 実践:110/150
  • 総合:246/345

薬ゼミ統一模試から本番までの得点推移をグラフにしてみました。

f:id:chacatechin:20190403200245p:plain

それぞれが統一Ⅰからどれだけ伸びたか見ていきます。

  • 必須:71→87(16UP!
  • 理論:35→76(41UP!
  • 実践:81→116(35UP!
  • 総合:187→279(92UP!

統一ⅡからⅢの伸びが一番すごく、その期間だけで45点も伸びています。
後述されていますが、その期間に相当努力したことがうかがわれますね。

ひゃくさん
ひゃくさん
I氏がどんな勉強をしたのかめちゃくちゃ気になります!

それでは、これからはI氏に気になることをどんどん聞いていきましょう。

薬剤師国家試験の勉強法は?

ひゃくさん
ひゃくさん
本番ではかなり高得点を取れていると思いますが、どのような勉強法だったのでしょうか?

I氏
I氏
僕は冬まで研究をしていたので本格的に勉強を始めたのは12月からでした。
10月から少しずつ勉強はしていましたが、統一Ⅰ→統一Ⅱで点数があまり伸びなかったので統一Ⅱのカルテが返却されてから勉強時間を増やし本格的に勉強を始めました。
ひゃくさん
ひゃくさん
冬まで研究が続くとなかなか勉強時間を確保するのが難しいですよね。
どのように勉強を始めましたか?
I氏
I氏
勉強は基本的に青本を読むだけで、青本の各章の問題は一切解きませんでした。通学中やお出かけの時に小さくて軽い領域別を使って問題を解いていました。

薬ゼミから頂いたプリントと領域別を年明けくらいから解き始めましたが、問題演習を重ねたことで問題の正答率が安定しました。

また、12月中旬からは先輩から頂いた過去の統一模試を2週間に1回、1日で345問のペースで解いて点数が順調に伸びているのを確認してモチベーションを維持してました。

ひゃくさん
ひゃくさん
問題を多く解いたのですね。
僕もその勉強法はすごくいいと思っています!
I氏
I氏
勉強時間は12月以降は6〜7時間+Twitter、国試1週間前だけ11時間くらいやってました。
ひゃくさん
ひゃくさん
TwitterなどのSNSを利用するのはモチベーション維持にとてもいいですよね!
僕が現役のころもやっておけばよかった・・・

やっておけばよかったことは?

ひゃくさん
ひゃくさん
見事薬剤師国家試験に合格されたわけですが、もっとこうしておけばよかったと思うことはありますか?

I氏
I氏
もっと早くから覚えられない知識を付箋やメモに書くべきでした。
苦手な部分は毎日何回も見ないと覚えられないので、年明けから壁に付箋貼りまくってました笑
ひゃくさん
ひゃくさん
なかなか覚えられないものってありますよね・・・
他にはありますか?
I氏
I氏
間違えた問題とたまたま正解した問題にチェックをつけるべきでした。
最初は特に何も考えずに問題を解いていましたが、解ける問題を何回も解くのは時間の無駄と2月に入ってから気づいたので2月からチェックをつけ始めましたがもっと早くからやるべきでした。
ひゃくさん
ひゃくさん
問題にチェックを入れるのは僕も大事だと思っているので、付けていない人はどんどんつけていきましょう!

後輩へのアドバイス

ひゃくさん
ひゃくさん
最後に後輩へのアドバイスをお願いします!
I氏
I氏
薬ゼミの問題と国試の過去問のどちらを解くか迷ったら国試の過去問を優先してやることをオススメします。

薬ゼミのオリジナル問題は国試のレベルを超えたものが多く、国試直前でも解けない問題が多々ありました。
今年の国試は過去問と同じ問題もいくつか出題されていたので、過去問を優先することを強くオススメします。

ひゃくさん
ひゃくさん
国試の過去問は非常に多くのことを学べますしね!
I氏
I氏
1人で勉強はしないようにしましょう。

国試は大学入試と違って7〜8割の人が合格する試験なので周りの人と同じことをしていれば大丈夫だと僕は思っています。
だから友達と一緒に勉強したりTwitterをうまく活用して情報収集と勉強したことをアウトプットすることをオススメします。

ただTwitterのやり過ぎは本末転倒なのでご注意を。

ひゃくさん
ひゃくさん
Twitterではたくさんの薬学生が切磋琢磨してます。
そういうのを見ていると薬剤師の僕もなんだかやる気を貰えます!
I氏
I氏
勉強の仕方は人それぞれなので色々な人の勉強方法を参考にしながら自分に合った勉強方法を見つけて頑張ってください!
ひゃくさん
ひゃくさん
I氏ありがとう!
これから薬剤師国家試験に挑む人たちは是非I氏のアドバイスを活用していきましょう!
ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数2500人突破しました。