薬剤師転職

【2020年最新】おすすめ薬剤師転職サイト比較を現役薬剤師が紹介

  • おすすめの薬剤師転職サイトを知りたい!
  • それぞれの薬剤師転職サイトは何が違うのか比較したい!

この記事はこういった悩みを持つ薬剤師向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

薬剤師は転職の多い業界で、僕の周りでも毎年多くの薬剤師が転職しています。

転職する際には、多くの薬剤師が転職サイトを利用することになるのですが、薬剤師向けの転職サイトの数が多く、どの転職サイトを選んでいいか悩んでしまいます

薬剤師
薬剤師
薬剤師向けの転職サイト多すぎ・・・
薬剤師
薬剤師
比較サイトもメリットばかりで結局違いが分からない・・・

薬剤師転職サイトを比較しているサイトの中には、薬剤師でない人が書いているものも多く、実際に転職しようと思っている薬剤師の視点から書かれてあるものはほとんどありません。

そこで今回は、薬剤師である僕が薬剤師の視点からどの薬剤師転職サイトがおすすめなのか調べてみました
また、それぞれの薬剤師転職サイトのメリットと注意点を紹介し、比較しやすくまとめています。

ひゃくさん
ひゃくさん
これから転職しようと思っている薬剤師の参考になればと思います!

おすすめの薬剤師転職サイト

まずは薬剤師である僕が実際に調べて、オススメだと思った3つの薬剤師転職サイトを紹介します。

薬剤師にオススメ転職サイト3選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。

オススメの薬剤師転職サイトをこの3つに選んだ理由は、実際に転職する薬剤師の視点に立った時に重要なポイントをしっかり押さえることができていたからです。

重要だと思ったポイントはこの2つです。

  1. 希望に合った転職ができる(求人数が多い、コンサルタントの質が高い)
  2. 安心して転職できる(運営元が大手企業、コンサルタントの質が高い)

この3つの転職サイトの運営元は、それぞれみなさんも知っているような大手企業です。

薬剤師転職サイトの運営元

マイナビ薬剤師→マイナビ

ファルマスタッフ→日本調剤

薬キャリ→m3.com

ですので、コンサルトの質が高く、他の転職サイトに比べてサービスが充実しており、安心して転職することができます。

さらに、そのネームバリューから求人を出したいという調剤薬局や病院も多いため、他の転職サイトに比べて求人数が多くなっているというのも特徴です。
求人数が少ない転職サイトに比べて、求人数が多い転職サイトの方が、自分の希望に合った転職先を見つけることができる確率が高くなります。

ひゃくさん
ひゃくさん
正直に言って、これら以外の転職サイトを選ぶ理由があまり見つかりませんでした。
それくらい、この3つの転職サイトはオススメです

マイナビ薬剤師

公式サイトマイナビ薬剤師

  • 調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業への転職に強い
  • 履歴書の添削、面接同行や給与交渉などのサポートがしっかりしている
  • コンサルタントが実際に現場に訪問しているため情報の信頼性が高い
  • 利用者の満足度No.1

派遣の求人がない

マイナビ薬剤師の最大の特徴と言えば、利用者満足度No.1の実績でしょう。
大手人材広告企業であるマイナビが運営しているため、転職のサポートが充実しており、さらにコンサルタントの質も高いことが知られています。

マイナビ薬剤師は調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業など、幅広い求人を取り扱っているため、あなたの希望に合った求人を紹介することが可能です。

ただし、派遣薬剤師の求人は取り扱っていないため注意が必要です。

公式サイトマイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

公式サイトファルマスタッフ

  • 日本調剤が運営ものなので調剤薬局、派遣への転職に強い
  • 調剤薬局の求人数が豊富
  • キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実している

企業や病院の求人が少ない

ファルマスタッフは日本調剤が運営している薬剤師転職サイトなので、なんといっても調剤薬局の求人がめちゃくちゃ強みです。

さらにキャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実しているのも大きな特徴でしょう。
薬剤師は生涯勉強をしていく必要があるので、そのような環境が整っているのはメリットが大きいですね。

しかし、日本調剤が運営していることもあり、病院等の転職はあまり強くないことが注意点として挙げられます。

公式サイトファルマスタッフ

薬キャリ

公式サイト薬キャリ

  • 薬剤師登録数No.1
  • 会員になると各病院などの口コミを見ることができる(掲示板で質問もできる)
  • 対応がスピーディ
  • ママ向けの求人検索ができる
  • 病院や製薬会社、調剤薬局に強い

電話面談なので直接会わずに話が進む

薬剤師登録数No.1の薬キャリは、m3.comが運営する薬剤師転職サイトです。
m3.comは医師の登録者数も多いため、病院への転職にとても強いです。

さらに、ママ向けの求人検索も充実しており、子育てをしながら働きたいと思っているママは必見でしょう。

ただし、先ほど紹介した2つの転職サイトとは異なり、電話面談のみなのでコンサルタントに直接会えないことに注意しましょう。

公式サイト薬キャリ

スポンサーリンク

薬剤師転職サイトの見るべき比較ポイント

それぞれの薬剤師転職サイトでは具体的にどのようなポイントが違ってくるか知らない薬剤師も多いと思います。

薬剤師
薬剤師
どういうポイントを比較していけばいいか分からない・・・

ここからは薬剤師転職サイトの比較すべき点をまとめていきます。

薬剤師転職サイトの比較すべきポイントはこれだ!

  1. 強いジャンル(調剤薬局や病院、ドラッグストアなど)
  2. 面談方法(対面面談か電話面談か)
  3. 求人数
  4. お祝い金の有無

ここに挙げた4つのポイントは、薬剤師転職サイトによって大きく変わってくる部分ですので、転職サイトに登録する際はこのポイントを押さえておくといいでしょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
それぞれ細かく見ていきましょう!

強いジャンル

ひとことに「薬剤師転職サイト」と言っても、調剤薬局への転職に強いものもあれば、病院の転職に強かったり、派遣薬剤師の転職に強い薬剤師転職サイトがあります

転職先をすでに絞っているのであれば、その分野を得意としている薬剤師転職サイトを利用するのが一番効率良い手段でしょう。

それぞれの薬剤師転職サイトの強いジャンルはこのようになっています。

マイナビ薬剤師
  • 調剤薬局
  • 病院
  • ドラッグストア
  • 企業
ファルマスタッフ
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 派遣
薬キャリ
  • 病院
  • 企業
  • 調剤薬局

このようにそれぞれ得意としている分野が異なっているので、もちろん扱っている求人にも違いがあります。

あなたが求めている転職先に強い薬剤師転職サイトを利用していきましょう。

面談方法

薬剤師転職サイトに登録すると次は希望条件などを転職サイト側と話すことになるのですが、その時の面談方法は薬剤師転職サイトによって対面面談で行うか、電話面談で行うか分かれてきます

それぞれの面談方法のメリットと注意点は以下の通りです。


対面面談
(マイナビ薬剤師、
ファルマスタッフ)
メリット
じっくり話すことができ、自分の希望をしっかりすり合わせることができる
注意点
日程や場所を合わせる必要がある
時間がかかる

電話面談
(薬キャリ)
メリット
場所や時間にそれほど制限がなくできる
スピーディに話を進めることができる
注意点
じっくり話すことができない

どちらが優れているということではなく、あなたのスタイルに合ったものを選ぶといいでしょう
じっくり話して、自分の希望する条件をしっかり伝えていくのもありでしょうし、時間がない人は電話でスピーディーに転職の話を進めていくのもありです。

求人数

薬剤師転職サイトによって扱っている求人数に差があり、多いところでは数万件ですが、少ないところだとそこまでない場合があります。

しかし、基本的に大手と言われるマイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、薬キャリは常に数万件の求人を出しており、あなたの希望する条件に当てはまる職場を見つけやすくなっています

マイナビ薬剤師


求人数:約60,000件

ファルマスタッフ


求人数:約50,000件

薬キャリ


求人数:約13,000件

また大手の薬剤師転職サイトでも、それぞれ違った求人を扱っていることがあります。
より多くの求人から自分にピッタリ合うものを見つけたい場合は、複数の薬剤師転職サイトを利用することで求人の絶対数を増やすことができるのでオススメです

お祝い金の有無

また、薬剤師転職サイトの中には転職が決まることでお祝い金が貰えるところもあります。
転職が決まれば、最大40万円ものお祝い金を貰える転職サイトも存在しています。

薬剤師
薬剤師
貰えるなら貰いたいけど、お祝い金って何か怪しいな・・・

そう思う人もいると思いますが、お祝い金は特に怪しいものではありません。
お祝い金が貰える仕組みはこのようになっています。

薬剤師が転職サイトを経由して転職が決まると、その紹介料が転職サイトへと支払われます。
転職サイトは紹介料の一部をお祝い金として薬剤師へ還元しているのです。

薬剤師
薬剤師
じゃあ、お祝い金をやっているところとやっていないところの違いは何?

実は大手と言われる薬剤師転職サイトは基本的にお祝い金をやっていません。
その理由は、お祝い金という仕組みを使わなくてもネームバリューがあるので薬剤師が登録してくれるからです。

逆にお祝い金をやっている転職サイトは、一般的にネームバリューがないものが多く、薬剤師の登録者数を増やすためにお祝い金という仕組みを使っているのです。

お祝い金が貰える薬剤師転職サイトとしてはジョブデポ薬剤師があります。

公式サイトジョブデポ薬剤師

  • お祝い金最大40万円が貰える

求人ごとにお祝い金の額が変わる

ジョブデポ薬剤師はお祝い金最大40万円貰える転職サイトです。
先ほど紹介した3つの転職サイトに比べてネームバリューはありませんが、求人数は10,000を超えているため、登録する価値ありだと思います。

しかし、必ず40万円貰えるわけではなく、求人によって金額が変わってくるので、しっかりとした情報収集が必要です。
失敗を避けるためにも、利用する際はジョブデポ薬剤師だけではなく先ほどの3つの転職サイトと一緒に登録し、比較することをオススメします。

公式サイトジョブデポ薬剤師

薬剤師転職サイトの利用の流れ

薬剤師転職サイトの利用の流れは大まかにこのようになっています。

薬剤師転職サイト利用の流れ

①登録

②面談

③紹介

④面接・交渉

⑤入職決定

①登録

まずは、気になる薬剤師転職サイトに必要事項を記入し登録します。

薬剤師の僕がオススメする転職サイトはこちらのリンクから登録できます。

薬剤師にオススメ転職サイト3選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。
ひゃくさん
ひゃくさん
どの転職サイトも無料で、数分で登録できます

②面談

薬剤師転職サイトに登録が完了すると、メールもしくは電話で連絡が来ます
希望する職種、勤務条件を確認されるので、自分の希望する条件をしっかりと伝えましょう。

その後、確認した条件をもとに対面面談や電話面談にて具体的な話が始まります。

ひゃくさん
ひゃくさん
転職に失敗しないために、自分の希望する条件はしっかりと伝えておきましょう!

③紹介

自分の希望する条件を伝えると、その条件に合った求人情報を紹介してもらいます。
その求人をみて、自分の求めるものと合っているかどうかを判断していきましょう

※大手の転職サイトでもコンサルタントの合う合わないがあります。
面談や紹介の段階で合わないコンサルタントに当たった場合は、他の転職サイトの利用をオススメします。

ひゃくさん
ひゃくさん
コンサルタントも人間ですので、どの転職サイトでも質にばらつきがあります。
客観的にコンサルトの質を評価するためにも複数の転職サイトを利用することをオススメします。

④面接・交渉

希望する求人が見つかったら、いよいよ面接です。
面接の日程等は薬剤師転職サイト側が決めてくれるので、とてもスムーズに話が進みます。

また、年収や労働条件などの交渉はコンサルタントがやってくれるので、どのような条件を求めているか事前にコンサルタントに話しておくとよいでしょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
交渉をあまりしてくれない場合があるので、コンサルタントに事前に確認しておくことをオススメします。

⑤入職決定

希望する条件に合えば入職決定です。

退職や入職日の日程などはコンサルタントがサポートしてくれるので安心して転職を終わらせることができます。

ひゃくさん
ひゃくさん
最初から最後までサポートしてくれるのが転職サイトを利用するメリットですね!

薬剤師転職サイト利用のコツ

転職サイトは大手を複数利用すべき

まず薬剤師の転職は転職サイトを利用するのが王道です。

薬剤師転職サイトを複数利用するメリットはこのようなものがあります。

複数登録するメリット

  • 転職サイトや求人を比較できる
  • 口コミに騙されにくくなる

薬剤師転職サイトの口コミがネット上で溢れていますが、実際どの情報も誰が書いているか分からない以上信頼性がありません。

知らない人
知らない人
Aの転職サイトがオススメだよ・・・

そこでポイントとなってくるのが、自分の目で見て判断することです。

本当にこの転職サイトがいいのか、他の転職サイトではどのような求人が出ているのかを実際に自分の目で確かめることが重要です。
そのために、複数の転職サイトを利用することをオススメします。

ひゃくさん
ひゃくさん
転職を成功させるには、転職サイトを複数登録することが大事です!

リサーチは時間をかけて行うべき

転職の失敗例として、転職を急いだり、求人情報だけで転職を決めてしまうことで、実査に働いてみると思っていたのと違っていたというものがあります。
自分がどのような条件を希望するのか、その薬局の求人情報に裏はないのか、本当にその薬局でいいのかなど、段階に分けてしっかりとリサーチしていきましょう

ここを疎かにしてしまうと、転職失敗の原因となってしまいますので転職を急いでいる人もしっかりと情報収集し、じっくり考えることが必要となってきます。

ひゃくさん
ひゃくさん
勢いで転職を決めてしまうと失敗の原因になってしまいます・・・

自分の希望はしっかりと伝えるべき

薬剤師の中には自分の希望をしっかりと伝えないまま転職が決まってしまうなんてことも多いようです。
転職のコツとしては自分の希望は遠慮せずにしっかりと伝えることです。

いやらしいと思われるかもと考えずに、「給料はもっと高い方が良い」「もっと働く時間が短いところがいい」と具体的に自分の要求を伝えましょう
逆に伝えてくれた方が転職エージェント側も求人を絞りやすいと思いますのでお互いにwin-winになるはずです。

さらに転職エージェントが条件を交渉してくれるきっかけにもなりますので、提示された条件より好条件になる可能性だって十分にあります。
なので遠慮せずに自分の希望はしっかりと伝えていきましょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
転職してから後悔しないように、自分の意見をしっかり伝えることが大事です!

口コミ等に惑わされず最終判断は自分ですべき

薬剤師転職サイトの口コミは検索してみるとわかると思いますが、めちゃくちゃ出てきます。
「あの転職サイトがいいよ」「あの転職サイトはやめておくべき」なんて口コミで溢れています。

ポイントは口コミはあくまで参考程度にすべきということです

なぜかというと、だれが書いたかわからないからです。
本当に転職サイトを利用した人なのか、それが本音なのかは誰にも分かりません。
そんな情報を全て信じてしまうのは、怖くてできませんよね。

さらに転職サイトランキングを掲載しているサイトもありますが、基本的に良いことしか書いておらず結局どの転職サイトが本当にいいのか分かりません。

なので、実際に転職サイトは自分の目で見て、考える必要があります。
そういう意味も込めて、僕は外れの少ない大手の転職サイトを複数登録し、自分で比較して決めていくことをオススメしています

ひゃくさん
ひゃくさん
複数の転職サイトを利用することで、自分で判断材料をしっかり集めることができるので、口コミに騙されにくくなります。

まとめ

今回は薬剤師の視点からオススメの転職サイトと、その利用のコツなどを紹介してきました。
今回の記事を簡単にまとめると、転職に失敗しないためには大手の転職サイトを複数登録して、自分の目で見て判断することが大事だということです。

薬剤師にオススメ転職サイト3選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。
ひゃくさん
ひゃくさん
転職サイトに迷った時は、この3つの転職サイトに登録しておけば間違いなしですよ!
ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。