体験記

【第105回薬剤師国家試験体験記】Twitterを上手く活用しました

  • 第105回薬剤師国家試験受験者の体験記を探している!
  • みんながどうやって勉強しているのか知りたい!

この記事はこういった悩みを持つ薬学生向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

先日、Twitterにて第105回薬剤師国家試験の体験記を募集したところ、DMにこのようなメッセージが届きました。

ごみちさん
ごみちさん
体験談ですが、まだ募集されてますか?死ぬほど役に立たないタイプの人間ですが宜しかったらご協力したいです!

ということで、今回は第105回薬剤師国家試験に挑戦したごみちさん(@gmc37_)の体験記を紹介したいと思います。

ごみちさんの第105回薬剤師国家試験体験記

得点推移

ひゃくさん
ひゃくさん
まずは得点推移を教えてください!
ごみちさん
ごみちさん
このような得点推移でした

ごみちさんの得点推移

  1. 統一Ⅰ: 176点
  2. 統一Ⅱ: 202点
  3. 統一Ⅲ: 196点
  4. 105回:243点
ごみちさん
ごみちさん
点数推移はこんな感じで、国試は243点でした。
統一Ⅲでえげつない点数をとって精神的に追い詰められて心臓バクバクだったのを今でも悪い意味で覚えてます

また、統一Ⅱがなぜか一月頭、統一Ⅲがその2週間後とかだったので余計に精神的に追い詰められてました

ひゃくさん
ひゃくさん
大学によって時期が違いますもんね… たしかに上がるどころか下がってしまうと、メンタル的にかなりきつそうです
ごみちさん
ごみちさん
その時から、他学部の友達にダメかも。。。国試落ちる。。と言っていたら、気持ちで負けちゃダメ!と怒られ、Twitterでも実生活でも俺もお前も国試合格!と言ったり、合格しました!とエアツイートをして気持ちをどうにか持ち上げてました。

今見返してもおかしな事やってるな〜と思いますが、これをやったおかげで自分的にはメンタルコントロールある程度出来たような気がします。

ひゃくさん
ひゃくさん
自分を励ますのは凄く大事だと思いますよ!

薬剤師国家試験勉強を始めた時期

ひゃくさん
ひゃくさん
勉強はいつから始めましたか?
ごみちさん
ごみちさん
勉強は、実習先の薬剤師さんに2時間でも1時間でもいいからまずはやってみな!と言われたので4月ごろから領域別に手をつけてました

卒研発表など諸々があったので本格的に始めたのは他の方のように秋ごろだと思います。
ただ、やる気があった4月〜5月頃に領域別は一周していました。

また、私の通ってた大学は他の学校よりも予備校がきて講義をしてくれることが圧倒的に多かったので、友達が休んでも、私は全部出るようにしていました。

ひゃくさん
ひゃくさん
年度始めから良いスタートが切れたんですね!
領域別が終わってからはどのように勉強していましたか?
ごみちさん
ごみちさん
領域別を終えてからは、青本メインで問題を解く→解説を読む、をひたすら繰り返してました
私は分からないところをまずざっと確認するためにどの科目も問題を解く→青本該当箇所確認、という手法を使っていました。

ただ、中だるみをしてしまったので統一Ⅲであの結果になり。。。序盤にエンジンかけすぎるのも良くないと思います、とても!

もちろん人によると思いますが、初期でエンジン切れを起こすタイプの人は最初から頑張りすぎないことも必要なんだなぁ、と今になっては思います。

あと、Twitterもとても活用してました。。。
私たちの代は良問を沢山出してくれる方がいたのでその人たちの問題を解いていたのもだいぶ大きいと思います。

ひゃくさん
ひゃくさん
Twitterを上手く活用すれば、これほど大きい武器はないと僕も思います!

問題というのは章末問題でしょうか??

ごみちさん
ごみちさん
Twitterには本当に助けられました。。。

青本章末問題です
ひゃくさんのブログを見て、一問一答も解いていました!解ける問題がたくさんあるぞ!と自分に暗示をかけるためにも。

国試間近1ヶ月の間で青本は苦手なところは問題を解きつつ、ここはわかるぞ!と言うところは問題を飛ばしながら2周くらいしたと思います。

領域別〜青本合わせて多分それぞれ5周してると思います。 唯一ほぼ手をつけなかったのは実務で、実習中の記憶で割となんとかなってました

ひゃくさん
ひゃくさん
解けるという自信を付けることは本当に大事だと思います!



苦労した点

ひゃくさん
ひゃくさん
特に苦労した点などありますか?
ごみちさん
ごみちさん
私はもうほんっとうに薬理ができなくてとても苦労しました

覚えるだけなのですがどうしても苦手で。。。
なので、章末問題で理解できなかった問題に出てきた薬はひたすら青本に戻って見直し、覚えるまで書くという原始的な方法で暗記しました。

病態と結びつく薬はやりやすかったのですが、検査薬だけなどはどうしてもこの方法で覚えるしかなかったです。

後はもうひたすら知識のアウトプットをしていました
統一Ⅲで点数が取れてないのが相当トラウマになっていたので、国試前は青本マラソンと直近5年ほどの国試を解く、正誤の理由を横に書いていってそこもあってるか確認する、といった方法でインプットとアウトプットを繰り返していました。

ひゃくさん
ひゃくさん
薬剤師国家試験の不安は勉強量でカバーする以外ないですもんね…

逆に得意な科目はありましたか?

ごみちさん
ごみちさん
自分の不安やできないところは本当に勉強するしか解決方法はありませんでした。。。

逆に得意だったな?と思えたのは実務と病態です。
実習先に恵まれていたので、8疾患全てに触れて全部深掘りする機会があったのでとても印象に残っていました。

実務の青本だけは一周もしてないと思います。
病院、薬局ともに真面目に実習受けてて良かった!とこの時ばかりは思いました。
もちろん場所によるのでなんとも言えませんが。。。

ひゃくさん
ひゃくさん
実習の時の経験って薬剤師国家試験にかなり重要になってくると僕も思っています。
今から実習受ける人たちにはしっかり受けてもらいたいですね!

薬剤師国家試験に挑む薬学生へのメッセージ

ひゃくさん
ひゃくさん
最後に、後輩へのメッセージをお願いします!
ごみちさん
ごみちさん
負けない気持ちで最後までやり遂げればきっと報われます。
しんどいと思いますがここで踏ん張れば絶対に明るい未来がるので頑張ってください!
スポンサーリンク

最後に・・・

ひゃくさん
ひゃくさん
体験記を快く話してくれたごみちさんありがとうございました!

薬剤師国家試験に挑む人は、この体験記を参考に合格へ突っ走りましょう!

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。