薬剤師転職

薬剤師が転職を決めた理由とは?後悔した理由は?【アンケート結果公開】

薬剤師
薬剤師
転職を考えているけど、他の薬剤師ってどんな理由で転職を決めたんだろう・・・
できれば失敗したくないし、後悔しているのかも知りたいな・・・

この記事はこういった悩みを持つ薬剤師向けの記事です。

この記事の内容

  • 薬剤師が転職を決めた理由
  • 転職した薬剤師は後悔しているのか
  • 転職を失敗しないために
ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

薬剤師で転職先を探している人の中には、「こんな転職理由でいいのだろうか」「他の薬剤師の転職理由を知りたいな」と不安に思っている人が多いと思います。

きっとあなたもそんな薬剤師の一人なのではないでしょうか。

今回はそんなあなたのために転職経験のあるInstagramのフォロワーさんに転職を決めた理由、転職して後悔しているのかなどをアンケートしてきました。

この記事では転職を考えているあなたに転職経験者のリアルな声を届けていきます。

また、転職を決めた理由や転職を後悔している理由を紹介し、転職を失敗しないためにどうすればいいのかまとめてみましたので参考にしてみてください。

薬剤師が転職を決めた理由

薬剤師
薬剤師
他の薬剤師さんってどんな理由で転職しているんだろう?
ひゃくさん
ひゃくさん
アンケートを取ったところ、転職を経験している薬剤師の約4分の1もの人が職場の人間関係が原因で転職を決めたという結果になりました!

転職を経験した薬剤師約100人に「転職した理由」についてアンケートを取ったところ、約4分の1の薬剤師が人間関係を理由に転職していることがわかりました。

人間関係に加え給料面や業務内容などを理由に転職した薬剤師を含めると、職場の環境に不満を持って転職を決めた人は全体の約半数となっています。

ひゃくさん
ひゃくさん
より良い環境を求めて転職を決めた人が多いということですね!

職場の環境以外の理由として多かったのは、「結婚」や「妊娠・出産」、「家族の転勤」などのライフステージに合わせた理由でした。

ひゃくさん
ひゃくさん
薬剤師は国家資格ですので、ライフステージに合わせた転職がしやすいというメリットがありますね!

また、経験を積むために他の薬局に転職したり、調剤薬局から病院に転職する人も1割ほどいました。

1つの調剤薬局だけだと扱う科や症例が偏ってしまうため、より色んな病態や治療を学ぶために転職を決める人もいるんですね。

薬剤師の転職理由まとめ
  • 転職を経験した薬剤師の約半数はより良い環境を求めて転職をしている!
  • 薬剤師はライフステージに合わせて転職しやすい職業である!
  • スキルアップを目指して転職を決める薬剤師もいる!
スポンサーリンク

転職した薬剤師が後悔している理由

薬剤師
薬剤師
転職を決めた理由はわかった!
次は、どれくらいの割合の薬剤師が転職したことを後悔しているのか知りたい…
ひゃくさん
ひゃくさん
転職は失敗するイメージが強い人もいるかもしれませんが、僕が取ったアンケートでは約8割の薬剤師が転職したことを後悔していないという結果でした!
薬剤師
薬剤師
意外と後悔している人って少ないんだ!

転職をして後悔していると答えた薬剤師は全体の2割程度で、その理由は以下のようなものでした。

薬剤師が転職を後悔している理由

  • 給与が下がった
  • もっといろんな視点で見ればよかった、決断がはやすぎた
  • 人間関係が悪くなった
  • 通勤地が遠くなった
  • 残業が増えた

人間関係に関しては事前に把握することは難しいかもしれませんが、それ以外の給与面、残業などは事前のリサーチにより解決できるものが多いと感じています。

薬剤師が転職で後悔しないために

薬剤師
薬剤師
転職を決めた薬剤師のほとんどは後悔していないんだね!
後悔する理由もわかったし、後悔しないための対策もとれそう!

今回のアンケート結果から見えてくる、薬剤師が転職をする際に注意する点についてまとめていきましょう。

まず、第一に転職する際にはしっかりとリサーチすることが大事になってくるでしょう。

後悔した理由として「もっといろんな視点で見ればよかった、決断がはやすぎた」という意見があるように、すぐにでも転職したいという思いを少し抑える必要がありそうです。

実際に転職活動をする際に確認できそうな、「給与面」、「勤務地」などで後悔している人もいました。

あなたがどんな職場を求めるのか、その求人で後悔しないのか、あなたにとってもっと良い条件の求人はないのかなどを総合的に見ていきましょう。

以下のポイントを参考にとりあえず思いつくままに自分が希望する条件を書き出してみると何が大事か見えてくるかもしれませんね。

仕事の内容
役職(今後のキャリア)
給料
労働時間
残業の有無
休日(土日休み、お盆休みなど)
勤務地(転勤の有無など)
教育体制
福利厚生
職場の雰囲気
年休の取りやすさ

もちろん全部希望に合った職場を見つけることは難しいので、希望条件の中でも優先順位をつけておきましょう。

また、薬剤師転職サイトを利用する際は一つだけでなく、複数の転職サイトを利用し、コンサルタントの質、求人などを比較できるようにしておくことも大事です。

そうすることでよりあなたに合った求人を見つけることができるでしょうし、コンサルタントがあなたに合わない場合も別の転職サイトに重きを置けば失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
一つの転職サイトだけだと失敗するリスクが高くなるので、複数の転職サイトに登録してリスクを減らすことをおすすめします!

おすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師
薬剤師
転職サイトって言っても薬剤師の転職サイトって多すぎる・・・
どの転職サイトがいいのかわからない!

そんなあなたのためにオススメな4つの薬剤師転職サイトを紹介します。

薬剤師にオススメ転職サイト4選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。
  • リクナビ薬剤師
    :大手転職サイトであるリクルートが運営しているので求人が豊富。安心して転職活動ができる。

オススメの薬剤師転職サイトをこの4つに選んだ理由は、実際に転職する薬剤師の視点に立った時に重要なポイントをしっかり押さえることができていたからです。

重要だと思ったポイントはこの2つです。

  1. 希望に合った転職ができる(求人数が多い、コンサルタントの質が高い)
  2. 安心して転職できる(運営元が大手企業、コンサルタントの質が高い)

この3つの転職サイトの運営元は、それぞれみなさんも知っているような大手企業です。

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]薬剤師転職サイトの運営元

マイナビ薬剤師→マイナビ

ファルマスタッフ→日本調剤

薬キャリ→m3.com

リクナビ薬剤師→リクルート

ですので、コンサルトの質が高く、他の転職サイトに比べてサービスが充実しており、安心して転職することができます。

さらに、そのネームバリューから求人を出したいという調剤薬局や病院も多いため、他の転職サイトに比べて求人数が多くなっているというのも特徴です。

求人数が少ない転職サイトに比べて、求人数が多い転職サイトの方が、自分の希望に合った転職先を見つけることができる確率が高くなります。

ひゃくさん
ひゃくさん
実際に転職サイトを利用した薬剤師にアンケートを取ったところ、この4つの転職サイトだけで9割を占めている結果になっています!

やはり転職は人生の中でも大きなイベントですので、よくわからない転職サイトを利用するよりよく名前を聞く大手の転職サイトを利用するほうが安心して転職活動できますよね。

ひゃくさん
ひゃくさん
正直に言って、これら以外の転職サイトを選ぶ理由があまり見つかりませんでした。
転職を考えている薬剤師は、まずこの4つの転職サイトの中から少なくとも2つを登録することをおすすめします!

薬剤師転職サイトの利用の流れ

薬剤師
薬剤師
薬剤師転職サイトってどんな流れで利用すればいいんだろう?
ひゃくさん
ひゃくさん
薬剤師転職サイトは無料で簡単に登録でき、その後はこのような流れで進んでいきます!
  • STEP1
    登録
    薬剤師転職サイトに無料登録。登録は数分で終わります!
  • STEP2
    面談
    転職サイトのコンサルタントとの面談。ここであなたの希望する条件を伝えましょう!
  • STEP3
    紹介
    あなたに合った求人情報の紹介。紹介された求人情報を見比べながらベストな転職先を探します!
  • STEP4
    面接・交渉
    気に入った求人先との面接および交渉。実際に話し合いながら転職すべきか考えましょう!
  • STEP5
    入職決定
    希望する職場に入社。一連の流れを転職サイトのコンサルタントがサポートしてくれます!

詳細に関してはこちらの記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

薬剤師転職サイト利用の流れ解説【注意点付き】 転職をしようと思っているけど、転職の手順が分からない 転職で失敗せず成功するコツを知りたい この記事はこうい...

まとめ

今回は薬剤師が転職を決めた理由についてまとめていきました。

結果は、人間関係で転職を決めた人が一番多いという結果になり、職場環境に悩んでいる人、ライフステージに合わせて転職を決めた人も多かったですね。

気になるのはこれらの理由で転職を決めて後悔しているのかということですが、約8割の人が後悔しておらず、またそれらの後悔もしっかりリサーチすれば回避できるものもあったので転職を考えている人にとってはうれしい情報となりました。

転職は人生の中で大きな決断の一つですので、いろいろ総合的に見ながら判断していくのが良さそうですね。

ABOUT ME
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。Instagramフォロワー10万人
\薬剤師転職情報/

ファーネットキャリアの強みは、転職のエキスパートである経験豊富なスタッフが1件1件にコンタクトを取り、考えられる選択肢は徹底的に洗い出し、表に出ていない求人も掘り起こすことです。

転職を考えている薬剤師には“あなたにとってのナンバーワン”の転職先を探し出すために一切妥協をしない、ファーネットキャリアがおすすめです!

\ファーネットキャリアに無料登録する/
ファーネットキャリア
登録は数分で終わります