新人薬剤師

現役薬剤師が教える!新人薬剤師1年目がつらいと感じる瞬間と対策まとめ

  • 薬剤師と働きだしたけどつらい
  • つらさを解消する方法を知りたい

この記事はこういった悩みを持つ新人薬剤師向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

希望に満ち溢れていた薬剤師と言う職業ですが、実際働いてみるとつらい経験をたくさんしている新人薬剤師も多いと思います。

新人薬剤師
新人薬剤師
薬剤師ってつらすぎる・・・
新人薬剤師
新人薬剤師
つらすぎて今の職場続けられない・・・

僕も新人薬剤師の頃はつらい思いをたくさんしてきました。

そこで今回は自分の経験をもとに、新人薬剤師がどのようなときにつらいと感じるのか、またその解消方法についてまとめてみました

新人薬剤師がつらいと感じる瞬間

人間関係

新人薬剤師が一番つらいと感じるのは、やはり人間関係でしょう。

人間関係でつらいと感じる瞬間

  • 理不尽に怒られる
  • 嫌がらせを受ける
  • 何も教えてもらえない
  • 職場を信頼できない

有名な心理学者のアドラーは、「すべての人の悩みや問題は人間関係に帰着する」と断言しているほど、新人薬剤師が抱える悩みは人間関係によるものが大きいでしょう。

特に、理不尽に怒られたり、陰口などの嫌がらせ、質問しても何も答えてもらえないなどの経験をしている薬剤師もいると思います。
立場の弱い新人薬剤師がストレス発散のはけ口になるケースはあってはなりませんが、少なくないはずです。

また、特に何かをされているわけではなくても、職場の方針であったり、上司が全く信頼できない薬剤師であれば、「このままここで働いていいのか」という悩みを抱くのではないでしょうか。

ひゃくさん
ひゃくさん
人間関係のトラブルは仕事だけでなくプライベートにも影響する可能性があるのでつらいですよね・・・

労働環境

また、労働環境でつらいと感じる新人薬剤師もとても多いです。

労働環境でつらいと感じる瞬間

  • 残業が多い
  • 仕事が忙しすぎる
  • 有給休暇を自由に取れない
  • 給料が低い
  • やりがいを感じられない

いわゆるブラック企業と言われるような労働環境に身を置く新人薬剤師は、残業が多かったり、仕事が忙しすぎる、有給休暇を自由に取れなかったりと、つらいと感じる瞬間はとても多いでしょう。

また、同じ仕事内容でも他の薬局の方が給料が高いという話を友人などに聞いたときには、給料面でつらいと感じることがあります。
特に病院と調剤薬局での給料の差は年収にして100万円ほど違うこともあるので、つらく感じてもしかたないかもしれません。

病院薬剤師は給料安い?転職したら年収が100万円上がるかもです 病院薬剤師ってやっぱり年収低いの? 病院薬剤師が転職したらどれくらい年収上がるの? この記事はこういった悩み...
ひゃくさん
ひゃくさん
労働環境に関しては自分の力で変えられるようなものではないので、つらさを余計に感じてしまいますよね・・・

自分の知識・経験不足

新人薬剤師ならではの悩みだと思いますが、知識不足や経験不足によりつらいと感じることも多いはずです。

自分の知識・経験不足でつらいと感じる瞬間

  • ミスが多い
  • 知識が足りない
  • 仕事の効率が悪い
  • 患者とのコミュニケーションがうまくとれない
  • 他職種とのコミュニケーションがうまくとれない

新人だから仕方がないと割り切ればそれで終わりですが、当事者である新人薬剤師はなかなかそう簡単に割り切ることはできないですよね。

とても簡単な作業でミスをしてしまったり、またミスを繰り返してしまったりすると、自分の不甲斐なさを感じつらくなってしまいます
知識不足に関しては、「なんでこんなことも分からないんだろう」「薬剤師になってよかったのかな」と思うこともあるでしょう。

また、患者や看護師、医師などの他職種とのコミュニケーションがうまく取れず悩む新人薬剤師も多いはずです。

ひゃくさん
ひゃくさん
薬剤師として働きだすと、これまでの勉強は何だったんだろうと思うこともあります・・・
スポンサーリンク

つらさを解消する方法

新人薬剤師がどのようなことでつらいと感じているか共感してもらえたところで、どのようにつらさを解消していけばいいか考えていきましょう。

人間関係のつらさを解消する方法

人間関係のつらさを解消する方法は大きく2つあります。

  1. 自分が変わる
  2. 職場を変える

もし、人間関係の問題に自分が原因である部分が少しでもあるのであれば、まずその原因を変えることをおすすめします。
理不尽に怒られているようで、実は自分が悪かったなんてことは多々ありますからね。

しかし、自分が変わっても相手の対応が変わらない場合は転職を考えることをおすすめします。
「馬を水辺につれていけても水を飲ませることはできない」という有名なことわざがありますが、自分が変わっても相手に変わる意思がなければ意味がありませんからね

労働環境のつらさを解消する方法

労働環境のつらさに関しては、恐らく転職が一番手っ取り早い対策でしょう。

もちろん、上司などに相談し労働環境を変えてもらう努力をすることもオススメしますが、長年変わってこなかった体制を新人薬剤師が変えることができる可能性は低いかなと思います。

転職することで、残業時間や仕事の忙しさ、給料、有給休暇の取りやすさなど、一気に変えることができるので、本当に辛いのであれば転職を考えてもいいと思います

転職した方が良い?仕事を辞めたい新人薬剤師の悩みや不安を解消します! 新人薬剤師だけど転職した方が良いか悩んでいる 退職や転職までの流れが知りたい この記事はこういった悩みを抱え...

知識・経験不足のつらさを解消する方法

知識・経験不足のつらさは、そのまま勉強し経験を積んでいきましょう

薬剤師として働いているとどうしても同期や先輩と自分を比べて、知識の足りなさや仕事の効率の悪さを感じてしまいますが、今できる精一杯をやっていけばいいと思います。

わからないことがあればその都度調べたり、先輩に質問して覚えていきましょう。
仕事の効率に関しては、仕事をしていくうちに効率よくなっていくと思うので深く考えなくてもいいでしょう。

また、知識不足に関しては本を読むことをおすすめします

【2020年版】新人薬剤師の勉強にオススメの本を紹介!【お得な買い方も紹介】 新人薬剤師にオススメの本が知りたい! 同期と差を付けたい! この記事はこういった思いを持つ新人薬剤師向けの記...

新人薬剤師に分かりやすい内容で、色んな発見がある本がたくさんあるので読んでみてください。

また、ミスが多いと悩んでいる新人薬剤師も多いと思います。
こちらの記事にミスを減らすためにはどうすればいいか、僕なりの考えをまとめていますので参考にしてみてください。

薬剤師がミスを減らすためにすべき6つのこと【基本に忠実が一番です】 何でミスが起こるんだろう・・・ 薬剤師としてミスを減らす方法を知りたい この記事はこういった悩みを持つ薬剤師...

新人薬剤師の転職のコツ

新人薬剤師でも転職できる

新人薬剤師
新人薬剤師
でも、転職しようと思っているけど、新人薬剤師って転職できるの???

新人薬剤師の転職は難しいと聞いたことがあるかもしれません。
実際にネットで検索しても、そういう風に書いてあるサイトもいくつか見受けられます。

新人薬剤師の転職が難しいと言われる理由として、

  1. 早期の転職なので何か問題があると思われる
  2. 薬剤師のスキルがないので即戦力として扱われない
  3. 経験が少ないので転職先の見極めが難しい

このような理由が挙げられます。

逆に言えばこれらの理由をクリアできれば転職はできますので、新人薬剤師でも転職は可能と言えるでしょう。

実際に入社1年目の新人薬剤師で転職している人もいます。(掲載許可ありがとうございます)


退職から転職が決まるまでの一連のツイートですが、1年目にも関わらず内定を3社も貰うことができています。
なので、新人薬剤師の転職は難しいかもしれませんが、不可能ではありません。

失敗しないために

転職で失敗すると、また転職をしなければならなかったりと多くの困難が待ち構えています。

転職で失敗しないためには、

  1. 転職の理由は明確か
  2. 転職すれば解決できる悩みなのか

この2つをまずしっかり考えましょう。

転職の理由が明確であれば、その条件をクリアしている転職先を探すことで同じ失敗を繰り返すことはありませんね。

また、抱えている悩みが転職すれば解決できるのかもしっかり考えましょう。
自分の知識や経験不足は転職するだけでは何も変わらないでしょうし、そのような理由で転職することはオススメしません。

逆にこの2つをクリアしていれば、転職することを強くお勧めします。

薬剤師が転職失敗する原因と対策を考えてみる【転職成功のために】転職を考えている薬剤師は、なるべく失敗のリスクを減らしたいと考えているはずです。 そのためにはしっかりとしたリサーチや、失敗のリスクを...

転職先の探し方

転職先の探し方ですが、大きくこの3つがあるでしょう。

  1. 自分で探す
  2. 知人からの紹介
  3. 転職サイトを利用する

ネットなどで自分で病院や調剤薬局のホームページに行き、求人情報を調べてもいいでしょうし、知人からの紹介で転職先を決めた人も僕の周りにいます。

ですが、多くの薬剤師が利用しているのは転職サイトでしょう。
転職サイトを利用することで、多くの求人を比較することができますし、経験豊富な転職コンサルタントに相談することができます。

転職サイトは無料で利用できるので、転職先探しで悩んでいる人は転職サイトに登録することをおすすめします。

おすすめ薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトは全て無料で利用することができ、しかも登録はとても簡単です。

まずは薬剤師である僕が実際に調べて、オススメだと思った3つの薬剤師転職サイトを紹介します。

新人薬剤師にオススメ転職サイト3選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。

オススメの薬剤師転職サイトをこの3つに選んだ理由は、実際に転職する薬剤師の視点に立った時に重要なポイントをしっかり押さえることができていたからです。

重要だと思ったポイントはこの2つです。

  1. 希望に合った転職ができる(求人数が多い、コンサルタントの質が高い)
  2. 安心して転職できる(運営元が大手企業、コンサルタントの質が高い)

この3つの転職サイトの運営元は、それぞれみなさんも知っているような大手企業です。

薬剤師転職サイトの運営元

マイナビ薬剤師→マイナビ

ファルマスタッフ→日本調剤

薬キャリ→m3.com

ですので、コンサルトの質が高く、他の転職サイトに比べてサービスが充実しており、安心して転職することができます。

さらに、そのネームバリューから求人を出したいという調剤薬局や病院も多いため、他の転職サイトに比べて求人数が多くなっているというのも特徴です。
求人数が少ない転職サイトに比べて、求人数が多い転職サイトの方が、自分の希望に合った転職先を見つけることができる確率が高くなります。

ひゃくさん
ひゃくさん
正直に言って、これら以外の転職サイトを選ぶ理由があまり見つかりませんでした。
それくらい、この3つの転職サイトはオススメです
【2020年最新】おすすめ薬剤師転職サイトを薬剤師が紹介【比較の仕方】 おすすめの薬剤師転職サイトを知りたい! それぞれの薬剤師転職サイトは何が違うのか比較したい! この記事はこう...

この記事におすすめの転職サイトをまとめてあるので参考にしてください。

薬剤師転職サイト利用のコツ

転職サイトは大手を複数利用すべき

まず薬剤師の転職は転職サイトを利用するのが王道です。

薬剤師転職サイトを複数利用するメリットはこのようなものがあります。

複数登録するメリット

  • 転職サイトや求人を比較できる
  • 口コミに騙されにくくなる

薬剤師転職サイトの口コミがネット上で溢れていますが、実際どの情報も誰が書いているか分からない以上信頼性がありません。

知らない人
知らない人
Aの転職サイトがオススメだよ・・・

そこでポイントとなってくるのが、自分の目で見て判断することです。

本当にこの転職サイトがいいのか、他の転職サイトではどのような求人が出ているのかを実際に自分の目で確かめることが重要です。
そのために、複数の転職サイトを利用することをオススメします。

ひゃくさん
ひゃくさん
転職を成功させるには、転職サイトを複数登録することが大事です!

リサーチは時間をかけて行うべき

転職の失敗例として、転職を急いだり、求人情報だけで転職を決めてしまうことで、実査に働いてみると思っていたのと違っていたというものがあります。
自分がどのような条件を希望するのか、その薬局の求人情報に裏はないのか、本当にその薬局でいいのかなど、段階に分けてしっかりとリサーチしていきましょう

ここを疎かにしてしまうと、転職失敗の原因となってしまいますので転職を急いでいる人もしっかりと情報収集し、じっくり考えることが必要となってきます。

ひゃくさん
ひゃくさん
勢いで転職を決めてしまうと失敗の原因になってしまいます・・・

自分の希望はしっかりと伝えるべき

薬剤師の中には自分の希望をしっかりと伝えないまま転職が決まってしまうなんてことも多いようです。
転職のコツとしては自分の希望は遠慮せずにしっかりと伝えることです。

いやらしいと思われるかもと考えずに、「給料はもっと高い方が良い」「もっと働く時間が短いところがいい」と具体的に自分の要求を伝えましょう
逆に伝えてくれた方が転職エージェント側も求人を絞りやすいと思いますのでお互いにwin-winになるはずです。

さらに転職エージェントが条件を交渉してくれるきっかけにもなりますので、提示された条件より好条件になる可能性だって十分にあります。
なので遠慮せずに自分の希望はしっかりと伝えていきましょう。

ひゃくさん
ひゃくさん
転職してから後悔しないように、自分の意見をしっかり伝えることが大事です!

口コミ等に惑わされず最終判断は自分ですべき

薬剤師転職サイトの口コミは検索してみるとわかると思いますが、めちゃくちゃ出てきます。
「あの転職サイトがいいよ」「あの転職サイトはやめておくべき」なんて口コミで溢れています。

ポイントは口コミはあくまで参考程度にすべきということです

なぜかというと、だれが書いたかわからないからです。
本当に転職サイトを利用した人なのか、それが本音なのかは誰にも分かりません。
そんな情報を全て信じてしまうのは、怖くてできませんよね。

さらに転職サイトランキングを掲載しているサイトもありますが、基本的に良いことしか書いておらず結局どの転職サイトが本当にいいのか分かりません。

なので、実際に転職サイトは自分の目で見て、考える必要があります。
そういう意味も込めて、僕は外れの少ない大手の転職サイトを複数登録し、自分で比較して決めていくことをオススメしています

ひゃくさん
ひゃくさん
複数の転職サイトを利用することで、自分で判断材料をしっかり集めることができるので、口コミに騙されにくくなります。

薬剤師転職サイトの利用の流れ

薬剤師転職サイトの利用の流れは大まかにこのようになっています。

薬剤師転職サイト利用の流れ

①登録

②面談

③紹介

④面接・交渉

⑤入職決定

薬剤師転職サイト利用の流れはこちらの記事に詳細をまとめていますので参考にしてください。

薬剤師転職サイト利用の流れ解説【注意点付き】 転職をしようと思っているけど、転職の手順が分からない 転職で失敗せず成功するコツを知りたい この記事はこうい...

まとめ

最後に、とにかく自分を大事にしましょう
僕は幸運にも職場環境に恵まれ、自分を追い詰めるような思いはしていませんが、すべての職場で同じとは言い切れません。

ある程度我慢しないといけないことはあるかと思いますが、自分を大事にできないほど追い詰められているのであればその職場を去る選択肢を持ちましょう。

運よく薬剤師は転職がしやすい環境にあります
転職しても給料面でも困ることはないでしょう。転職サイトもいくつかあり充実していますのでそちらに頼るのもいいかもしれませんね。

新人薬剤師にオススメ転職サイト3選

  • マイナビ薬剤師
    利用者の満足度No.1。運営元がマイナビなので調剤薬局から企業まで幅広い求人が揃っている。
  • ファルマスタッフ
    :運営元が日本調剤なので調剤薬局の求人数が多数。キャリアアップに力を入れており、教育・研修制度が充実
  • 薬キャリ
    薬剤師登録数No.1。会員になることで病院等の口コミを見ることができ、ママ向けの条件検索もできる。
ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数2500人突破しました。