第103回薬剤師国家試験

薬ゼミ全国統一模擬試験Ⅰ〔234回〕の点数・順位公開【第103回薬剤師国家試験】

  • 薬剤師国家試験に合格した人は統一模試Ⅰでどれだけ取れていたの?
  • 統一模試Ⅰの時期はどんな勉強をしていたの?

この記事はこういった悩みを抱えた薬学生向けの記事です。

ひゃくさん
ひゃくさん
どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

9月には薬ゼミ全国統一模試Ⅰがあり、これは薬剤師国家試験に向けて非常に重要な模試になります。

今回は第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格した僕が、薬ゼミ統一模試Ⅰでどれだけの点数を取っていたのか紹介します。

薬ゼミ統一模試Ⅰの点数、順位

その時の成績を恥ずかしながら公開します。※学内平均などは身バレ防止のため伏せています

f:id:chacatechin:20180517193307p:plain

点数結果は134/345点

半分どころか4割もいっていませんし、必須ですら半分いっていないので非常に悪い点数でした

今考えてもこれはやばいと思います。
合格ラインが225点(当時)ですので、約4ヶ月で100点伸ばさないといけないので、いくら相対評価といってもこのままでは絶対に受からないですね。

そして、気になる順位は全国で約9000番

毎年7割の人が合格していることからすると、順位的にも全く受かる気配がありません。
近年の合格基準に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

【薬剤師国家試験合格基準まとめ】相対基準になってからの合格点と合格率は?第105回薬剤師国家試験の合格点基準は? 薬剤師国家試験の合格基準を知りたい 相対評価になってからの合格点を知りたい この記事はこういった悩みを抱...
スポンサーリンク

得点分布

薬剤師国家試験は合格率が7割と言われていますから、模試などでは上位7割に入っとくのが最低限のラインと言えるでしょう。

さて結果は・・・

f:id:chacatechin:20180517194448p:plain

EよりのDでした・・・(※Eは下位2割)

全体の下位2割のEに近い結果となってしまいました。
薬剤師国家試験の合格率は7割と言われていますので、下位2割では薬剤師国家試験に落ちる組に入ってるということになります。

これはさすがにヤバいってことで、ここから何を勉強すればいいか自己分析を始めていきました。

得点率チャート

薬ゼミの個人カルテはすごく良く出来ていて、自分の苦手なところをレーダーチャートでみることができます。
何から勉強していいかわからなかった僕は、個人カルテのレーダーチャートを参考に勉強する教科を決めることにしました

その時のチャートがこちら。

f:id:chacatechin:20180517195432p:plain

実務!法規!病態!薬剤!薬理!衛生!

物化生以外すべて平均以下で、得意不得意も分からず、結局何から勉強していいかわかりませんでした。

ここでしっかり勉強していれば自分の評価もできたのですが、全く勉強していなかった僕はせっかくお金を払った模試でただ勉強が足りませんと突き付けられただけでした。

結局ここから、順位が10000位を超えなかった化学と衛生を勉強していくことになります
総合成績の画像でもしっかりと赤マルをつけています。

統一模試Ⅰまでの勉強法

言い訳になりますが、統一模試Ⅰまでは研究を主にやっていたので、ほとんど勉強していませんでした。
その結果が如実に表れていますね。

結果的に合格することはできていますが、今考えると統一模試Ⅰの段階からしっかり勉強しておくことをオススメします。

まとめ

この頃から一気に不安が襲ってきて(遅すぎる)、ネットで「薬ゼミ 模試 点数推移」とかめっちゃ検索しました。

その時検索結果であまり具体的なものが出てこなかったのでこのブログで作っちゃいました!

薬ゼミ模試から第104回薬剤師国家試験までの平均推移 薬ゼミの模試でどれだけの点数取れていればいいの? 薬ゼミの模試から本番までの平均点推移が知りたい! この...

ここから這い上がれるのかめちゃくちゃ調べました。

みなさんの中にも調べた人いるんじゃないでしょうか?
もしくは調べ結果ここに来た人もいると思います。

そんな人に伝えます。

私は受かりました!

なのであきらめないでください!

こんなほぼ最下位の人間でも最終的には、今回の点数の倍を取ることができています。逆にこの時ボコボコにされたのが良かったのかもしれないですね。

諦めないことが重要なので、どんなに点数が悪くても諦めずに頑張っていきましょう!

ABOUT ME
ひゃくさん
ひゃくさん
現役で国立薬学部を卒業し第103回薬剤師国家試験を上位1割の順位で合格。災害拠点病院で働く薬剤師。薬剤師国家試験合格までの経験や薬剤師として学んだ事感じた事をブログやTwitterで発信しています。ブログ月間最高10万PV、Twitterフォロワー数1400人突破しました。